CD 輸入盤

管弦楽作品集 オットー・クレンペラー&フィルハーモニア管弦楽団(2CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2564607590
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

オリジナル・ジャケット・コレクション
オットー・クレンペラー/ワーグナー:管弦楽作品集(2CD)


二十代の頃から『ニーベルングの指環』を指揮していたクレンペラーにとって、ワーグナーは得意のレパートリーでしたが、戦後は怪我や病気が災いしてなかなか運に恵まれず、ステレオで残されたいくつかの録音は実に貴重といえるものです。
 当アルバムは、ヴィーラント・ワーグナーを感激させたエピソードでも知られる有名な録音を集めたもので、強烈な高揚感で有名な『ジークフリートの葬送行進曲』はじめ、どれも強い表現意欲に突き動かされたような名演ばかりです。
 Great Recordings of the CenturyシリーズでのARTリマスタリング・マスターを使用し、オリジナル・ジャケット・デザインに変更しての再発売となります。

【収録情報】
Disc1
● 『リエンツィ』序曲
● 『タンホイザー』序曲
● 『タンホイザー』第3幕前奏曲
● 『ローエングリン』第1幕前奏曲
● 『ローエングリン』第3幕前奏曲
● 『マイスタージンガー』第1幕前奏曲
● 『マイスタージンガー』徒弟たちの踊りと親方たちの入場
● 『パルシファル』第1幕前奏曲

Disc2
● 『さまよえるオランダ人』序曲
● 『ラインの黄金』〜『神々のワルハラへの入城』
● 『ワルキューレ』〜『ワルキューレの騎行』
● ジークフリート牧歌
● 『ジークフリート』〜『森のささやき』
● 『神々の黄昏』〜『ジークフリートのラインへの旅』
● 『神々の黄昏』〜『ジークフリートの葬送行進曲』
● 『トリスタンとイゾルデ』前奏曲と愛の死


 フィルハーモニア管弦楽団
 オットー・クレンペラー(指揮)

 録音時期:1960年、1961年
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 制作レーベル:EMI

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Rienzi - Overture (2002 Remastered Version)
  • 02. Tannhauser - Overture (2002 Remastered Version)
  • 03. Tannhauser - Prelude Act III (2002 Remastered Version)
  • 04. Lohengrin - Prelude Act 1 (2002 Remastered Version)
  • 05. Lohengrin - Prelude Act III (2002 Remastered Version)
  • 06. Die Meistersinger Von Nurnberg - Overture (2002 Remastered Version)
  • 07. Die Meistersinger Von Nrnberg - Dance of the Apprenticess & Entry of the Masters (Act III) (2002 Re
  • 08. Parsifal - Prelude (2002 Remastered Version)

ディスク   2

  • 01. Der Fliegende Hollander - Overture (2002 Remastered Version)
  • 02. Das Rheingold - Entry of the Gods Into Valhalla (2002 Remastered Version)
  • 03. Die Walkure - Ride of the Valkyries (2002 Remastered Version)
  • 04. Siegfried Idyll (2002 Remastered Version)
  • 05. Siegfried - Forest Murmurs (2002 Remastered Version)
  • 06. Gotterdammerung - Siegfried's Rhine Journey (2002 Remastered Version)
  • 07. Gotterdammerung - Siegfried's Funeral March (2002 Remastered Version)
  • 08. Tristan Und Isolde - Prelude and Liebstod (2002 Remastered Version)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
全曲に対する印象として、ゆっくりしたテン...

投稿日:2015/11/16 (月)

全曲に対する印象として、ゆっくりしたテンポで盛り上げ場面はオケピットから沸きあがる音の洪水で圧倒される堂々としたいわゆる非箱庭的な演奏、なんだかか劇場で劇を見ながら聴いているような感覚になる。クレンペラーのワーグナーは昔から定評ある名盤中の名盤のようだ。録音は古いわりに高弦の音は強奏でも歪は少ないが、金管の入った部分ではどうしても歪(音割れ)が目立ち聞き苦しい部分があるが演奏の魅力が十分カバーしている。選曲もよく一押しです。

tanobu さん | 兵庫県 | 不明

2

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品