CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 『ニーベルングの指環』ハイライト ベーム&バイロイト(1966、67 ステレオ)(2CD)

ワーグナー(1813-1883)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ケースすれ,2枚組み
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
454020
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Vorspiel - Prelude
  • 02. Scene One: "Weia! Waga! Woge, du Welle!"
  • 03. Scene One: "Garstig Glatter Glitschriger Glimmer!"
  • 04. Scene One: "Wallala! Lalaleia! Leialei!"
  • 05. Scene Four: "Bin Ich Nun Frei?"
  • 06. Scene Four: "Schwules Gedunst Schwebt in Der Luft"
  • 07. Scene Four: "Zur Burg Fuhrt Die Brucke"
  • 08. Scene Four: "Rheingold! Rheingold!"
  • 09. Act One: Vorspiel - Prelude
  • 10. Act One, Scene Three: "Wintersturme Wichen Dem Wonnemond"
  • 11. Act One, Scene Three: "Wehwalt HeiBt du Furwahr?" - "Siegmund HeiB Ich
  • 12. Act Two: Vorspiel
  • 13. Act Two, Scene Four: "Siegmund, Sieh Auf Mich!"
  • 14. Act Two, Scene Four: "Du Sahest Der Walkure Sehrenden Blick"
  • 15. Act Three, Scene One: "Hojotoho! Heiaha!"

ディスク   2

  • 01. Act Three, Scene Three: "Leb Wohl, du Kuhnes, Herrliches Kind!"
  • 02. Act Three, Scene Three: "Loge, Hor! Lausche Hieger!"
  • 03. Act One, Scene Three: "Hoho! Hoho! Hohei!"
  • 04. Act One, Scene Three: "Den Der Bruder Schuf, Den Schimmernden Reif!"
  • 05. Act Two, Scene Two: "Aber, Wie Sah Meine Mutter Wohl Aus?"
  • 06. Act Two, Scene Two: "Du Holdes Voglein! Dich Hort' Ich Noch Nie"
  • 07. Act Two, Scene Two: "Es Schweigt und Lauscht"
  • 08. Act Two, Scene Two: Siegfried's Horn-Call
  • 09. Act Three, Scene Three: "Ewigwar Ich, Ewig Vin Ich"
  • 10. Prologue (Orchestral Interlude - Siegfried's Journey to the Rhine)
  • 11. Act Three, Scene Two: "Brunnhilde, Heilige Braut"
  • 12. Act Three, Scene Two: Orchestral Interlude - Funeral March
  • 13. Act Three, Scene Three: "Starke Scheite Schichet Mir Dort"
  • 14. Act Three, Scene Three: "Mein Erbe Nun Nehm' Ich Zu Eigen"
  • 15. Act Three, Scene Three: "Grane, Mein RoB, Sie Mir GegruBt"
  • 16. Act Three, Scene Three: "Zuruck Vom Ring"

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「かつてはショルティ盤カラヤン盤とともに...

投稿日:2011/01/22 (土)

「かつてはショルティ盤カラヤン盤とともにベスト盤争いの上位を競ったベーム盤だが、その歴史的意義はすでに過去のものになったように思う。」などという意見には賛成しかねる。というのも、ベーム盤はあまりに異色で比較不可能だからだ。音質もマスタリング盤(私が聴いたのはバイロイトBOX)は大変よく、バレンボイム、ティーレマン盤よりも上だ。近接マイクがよいのだろう。デジタルは空気感がある代わりに、音像がボケてしまう。ライブでは特にそうだ。さて、ベームのリング。ものすごいカロリーである。ワーグナー風のねっとりとした旋律はここにはない。どのフレーズも燃えに燃え、切迫感が抜群だ。ワルキューレ1幕を聴くがよい。冒頭のものすごい嵐!メータやバレンボイムがいかに生温いことか。剛直、灼熱のワーグナーがここにある。終結部のテンポもさすがは劇場指揮者ベームだ。バレンボイムとはレベルが違う。日本のワグネリアンは、「ワーグナーはこう」という固定観念に縛られて、ワーグナーの愉しみを失っている人が多い。「よいものはよく、わるいものはわるい」のである。妙なイデオロギーなど百害あって一利なし。当盤は、ショルティ盤、スワロフスキー盤と並び、最高の指環といえよう。カラヤンは僕に言わせれば映画音楽だ。

ushio さん | 東京都 | 不明

7

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品