CD 輸入盤

『ワルキューレ』全曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル、ヴィッカーズ、クレスパン、他(1966 ステレオ)(4CD+ブルーレイ・オーディオ)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4838716
組み枚数
:
4
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


24bit/192kHz リマスタリングCD + Blu-ray Audio (24bit/192kHz) シリーズ
妥協なく選ばれた粒よりのキャストによる銘盤


オリジナル・アナログ・マスターよりエミール・ベルリナー・スタジオにて24bit/192kHzでリマスタリングされ、ブルーレイ・オーディオ付きキャップ・ボックス仕様のセット。
 これはカラヤンの「美しくドラマティックな演奏」(『ハイ・フィデリティ』誌)、「半世紀後もまだ驚きを与える録音」(『グラモフォン』誌)と絶賛されたアルバムです。その真髄はブルーレイの技術でより一層明らかになっています。
 ドイツ語、英語の歌詞が掲載されたブックレット(106ページ)付き。4CD+BDAセット。(輸入元情報)

【収録情報】
● ワーグナー:『ワルキューレ』全曲


 ジークリンデ/グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
 ジークムント/ジョン・ヴィッカーズ(テノール)
 フンディング/マルッティ・タルヴェラ(バス)
 ヴォータン/トーマス・ステュアート(バリトン)
 ブリュンヒルデ/レジーヌ・クレスパン(ソプラノ)
 フリッカ/ジョゼフィン・ヴィーシー(メゾ・ソプラノ)
 ゲルヒルデ/リゼロッテ・レープマン(ソプラノ)
 ヘルムヴィーゲ/ダニカ・マスティロヴィッツ(ソプラノ)
 ヴァルトラウテ/イングリート・シュテーガー(ソプラノ)
 シュヴェルトラウテ/リロ・ブロックハウス(ソプラノ)
 オルトリンデ/カルロッタ・オルダシー(メゾ・ソプラノ)
 ジークルーネ/バーブルー・エーリクソン(メゾ・ソプラノ)
 グリムゲルデ/ツヴェトカ・アーリン(メゾ・ソプラノ)
 ロスヴァイセ/ヘルガ・イェンケル(メゾ・ソプラノ)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1966年12月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
カラヤンらしい見事なドラマを聴かせてくれ...

投稿日:2020/05/19 (火)

カラヤンらしい見事なドラマを聴かせてくれる名演奏です。歌手・オケも素晴らしく、録音も60年代とは思えないレベルです。 但し、あのショルティ・ウイーンの名盤を聴いたあとでは、カラヤンファンやDGには申し訳ないですが、「スタジオ録音NO2」としか言えないと考えてしまいました。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
カラヤンのワルキューレには特異な力が宿っ...

投稿日:2018/05/12 (土)

カラヤンのワルキューレには特異な力が宿っている。第一幕への前奏曲は汚辱の堆積する世界を追い詰められたジークムントの心が切り裂いてゆくかのように始まる。そして、その切り裂かれた世界の裂け目に、ドラマが打ち立てられる。それは例えばショルティの、あくまでも勇壮なイメージと身振りを踏襲した演奏(見事な演奏であるに違いはないが)とも異なり、神的なドラマが現在進行形で創出にされゆく現場に私たちを立ち会わせてくれるかのようだ。特に第一幕は囚われの、汚辱に浸された日々にあった筈のジークリンデが、ジークムントとの出会いによって自らの清らかさを蘇らせるかのような場面と共に始まる。それは、ヤノヴィッツのリリカルな声音あってこそリアリティを感じさせ得ると言っても良いだろう。第一幕が、自らの出自に目覚め聖なる力によって蘇ったかのようなふたりが、汚れた闇の世界からの脱出を敢行し逃走する冒険の物語であらばこそ、ブリュンヒルデの助力も、第三幕のヴォータンの別れも、私たちの心を媒体として、瑞々しく緊迫感をもって繰り広げられるのである。一般的にはスケール感に勝るショルティ盤やクナの説得力あるワーグナーらしい演奏かもしれないが、カラヤン盤の内面的で密度の高い精緻な構成は、特異な魅力を放ち続けている。

surwolf さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
ワルキューレの伝説的名盤のCD版 1966年の...

投稿日:2010/04/06 (火)

ワルキューレの伝説的名盤のCD版 1966年の録音とは思えないくらい高品質な録音。デジタル録音にありがちな無機質な音ではなく、アナログ的なふくよかな音質にも好感。 演奏も超一級、この迫力あるワルキューレを聴いてしまうと、他の演奏が軟弱に聞こえてしまう。

山葵 さん | 神奈川県 | 不明

3

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品