CD 輸入盤

『トリスタンとイゾルデ』全曲 ロリン・マゼール&ベルリン・ドイツ・オペラ、バイラー、クフタ、グラインドル、他(1963 ステレオ 日生劇場ライヴ)(3CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC2508
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ニッポン放送開局65周年記念
奇跡! マゼールとベルリン・ドイツ・オペラ1963年の『トリスタン』が残っていた!


初出音源。ヴィーラント・ワーグナー演出、ワーグナーの『トリスタンとイゾルデ』上演第2日目の記録ですが、この5日前、10月27日の公演が本邦初演でした。巨大な舞台で知られるこの作品を日生劇場に収めることは至難の業でしたが、見事に克服し日本でバイロイトを再現しました。当時33歳のマゼールももちろん初来日。マゼールの若々しい推進力あふれる演奏が新鮮。グラインドルのマルケ、ナイトリンガーのクルヴェナルもワグネリアン狂喜の配役で、聴衆の集中度も高く、本場の空気感も最高です。(販売元情報)

【収録情報】
● ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』全曲


 トリスタン/ハンス・バイラー(テノール)
 イゾルデ/グラディス・クフタ(ソプラノ)
 マルケ/ヨゼフ・グラインドル(バス)
 クルヴェナル/グスタフ・ナイトリンガー(バリトン)
 ブランゲーネ/ケルスティン・マイヤー(メゾ・ソプラノ)
 メロート/バリー・マクダニエル(バリトン)
 若い船乗り/ドナルド・グロープ(テノール)
 牧童:マルティン・ヴァンティン(テノール)
 舵手:ワルター・ディックス(バス)

 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団&合唱団
 ロリン・マゼール(指揮)

 録音時期:1963年11月1日
 録音場所:東京、日生劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

【ニッポン放送開局65周年記念 復刻!歴史的名盤 ベルリン・ドイツ・オペラ 日生劇場1963】
大好評の1963年ベルリン・ドイツ・オペラ日生劇場こけら落し公演のライヴ。『フィガロの結婚』『フィデリオ』に続き、『ヴォツェック』とベートーヴェンの第9、今回初出の『トリスタンとイゾルデ』、最新リマスタリングを施し発売いたします。伝説のエンジニア半田健一氏の名録音が半世紀を経て新たに蘇ります。
古い音源を使用しているため、テープ劣化によるお聴き苦しい点もございます。予めご了承下さい。
このシリーズには歌詞対訳が付いておりません。ブックレット中のパスワードでPDFをダウンロードできます。(販売元情報)

内容詳細

ベルリン・ドイツ・オペラ初来日時のライヴ音源。「トリスタン」2日目のもので、ヴィーラント・ワーグナー演出によってバイロイトの舞台が再現された貴重なものだ。当時33歳のマゼールによる緊迫の快演が聴ける。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品