CD 輸入盤

『トリスタンとイゾルデ』全曲 カール・ベーム&バイロイト、ニルソン、ヴィントガッセン、他(1966 ステレオ)(3CD+ブルーレイ・オーディオ)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837394
組み枚数
:
3
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ベーム&バイロイトの名盤、
24/96リマスターCD&ブルーレイ・オーディオセットがキャップBOX仕様で再登場


1960年代バイロイト黄金期のピークを記録し、1967年度レコードアカデミー大賞を受賞した名盤「ベームのトリスタン」。このオペラの最高峰と言われて高い評価を維持し続けているこの演奏は、この時期まさに絶頂期にあった主役のニルソンとヴィントガッセンを中心に、ヴェヒター、ルートヴィヒ、タルヴェラ、ヴォールファールトと素晴らしいキャストが揃い、新進時代のシュライアーが若々しい美声の水夫役で花を添えています。これら完璧な歌唱と、ベームの指揮によって引き出されたバイロイト祝祭管による強烈で緊張感ある名演。
 24bit/96kHzリマスタリングが施され、さらにそのハイレゾ音源を収録したBlu-ray-Audioディスク(24bit/96kHz)も同梱。124ページのブックレットにはオリジナル原語のリブレットに加え、あらすじ、オリジナル・エッセイ入り(欧文)。(輸入元情報)

【収録情報】
● ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』全曲


 ビルギット・ニルソン(イゾルデ)
 ヴォルフガング・ヴィントガッセン(トリスタン)
 エーベルハルト・ヴェヒター(クルヴェナール)
 クリスタ・ルートヴィヒ(ブランゲーネ)
 マルッティ・タルヴェラ(マルケ王)
 クロード・ヒーター(メロート)
 エルヴィン・ヴォールファールト(牧童)
 ゲルト・ニーンシュテット(舵手)
 ペーター・シュライアー(若い水夫)
 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1966年7月
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
18
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
悪かろうはずも無いのだが、アルカイックで...

投稿日:2016/07/31 (日)

悪かろうはずも無いのだが、アルカイックでストイック過ぎ。もう少し曲の持つ官能性を出して欲しかった。バーンスタイン盤に親しんでいる耳には物足りないというか・・もどかしさがあった。ゲルマン騎士・カール・ベームの音楽であるな、という感想。

silver さん | 岐阜県 | 不明

2
★
★
★
★
★
「トリスタン」はクナとVPOとニルソンのハ...

投稿日:2014/04/06 (日)

「トリスタン」はクナとVPOとニルソンのハイライトで刷り込みが出来た。あれは大海原がうねるようなクレッシェンドが引いていって最後の和声に到達した時に本当の法悦というものを聞いた(バイエルンでの全曲ライブは録音のせいでやや彫りの深さに欠けて聞こえるが、それでもこの路線では比類がない)。その身で初めてこのベーム盤を聞いた時には、強い違和感を覚えた。何しろテンポは一気呵成、響きもクナのような神秘の襞も何もなくセックな響き。寄せては返すクナのダイナミズムとは対照的に、古典音楽のように拍の頭で明確に引っ張る進行。これじゃまるでトリスタン・マーチじゃないか(多分世評に高いフルトヴェングラーの演奏の信奉者からも似たような感想が出てくるのではないか?私にはあれは真骨頂だとは思えなくて、一幕のないベルリン・ライブをこそと思うが)?下での星の少ない方達の評価も概ね同じ感想だろう。しかし聞き返していくうちに、これがヴィーラントとともに新バイロイト様式のパラダイムをつくる革新的で白熱的な演奏であることに気づかされていった。白夜に展開される灼熱の恋愛劇の一瞬たりとも緩まない迫力!ニルソンは上記のクナとの若い時と比べて、輝かしさはともかく、声の柔軟さは失ったと思うが、ベームのこの路線には沿っている。ヴィントガッセンは実演だとニルソンとあまりに声量が違いすぎる(大昔に大阪で聞いた)が、マイクを通せば許容範囲で、むしろとくに三幕の表現の深さに打たれる。生の人間というより象徴劇の主役に相応しい。ルードヴィッヒはニルソンとは対照的に柔らかい声で二重唱の背景を彩る。タラヴェラのあマルケは、いつもの潰れたような声でやや興醒めだが、まぁ仕方ない。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
☆
「レコ芸」の大賞も受賞した、定評のある名...

投稿日:2013/01/12 (土)

「レコ芸」の大賞も受賞した、定評のある名盤ですね。みなさまの評価も大変に高く、そしてそれは全くその通り、とも思います。ですが、今回、かなり久々に聴き直してみて、いろいろ考えるところがありました。前回聴いたのは10年ほども前でしょうか、その後数多くの『トリスタン』のディスク(CD、DVD)を視聴し、実演でも聴き、私自身『トリスタン』についてそれなりに親しみと認識を深めたつもりでおります。ベームの『トリスタン』を聴いて思ったのは、「これは伝統的な劇場における演奏なのだな」ということです。聴衆を前にして、一度始めれば途中で止めることのできない、そして演奏者みなが集中し感興に乗り、活きたドラマを再現してゆく劇場での音楽、それがこのディスクに収められたものなのだなあ。セッション録音では細部にこだわって表現の差が大きくなり、劇であるよりもまず音楽である要素が強いディスクもあります。しかしこの演奏では、精緻なニュアンスの描き分けよりかは、演奏者全員が恐るべき集中力で勢いに乗って驀進するそのエネルギー・パワーに圧倒されます。そうした姿勢が最も成功したのが第3幕で、傷を負ったトリスタンの熱と狂気が噴出する、まさに圧巻の出来栄え。一方、第2幕はやはりしっとり感がもっと欲しいかな。「愛」の場面であるよりかは、「愛と死をめぐる対話」という趣がありますかねえ。主役二人の哀しみをリリカルに歌った佳演が、近年はいくつか出ておりますな。以下、個別にコメント。ベームの指揮は強靭で清潔なもの。音楽は全く停滞せず、常に明確で揺れがない。テンポをびしっと決めて、歌手を安心して乗せてゆきます。劇場経験の豊富な人ならではの安定感はさすがです。そしてほとんど爆演に近い管弦楽の咆哮もベームならではのもの。これは主役二人がヴィントガッセンとニルソンだからできたかもしれませんね。さて、ヴィントガッセンはもともと声質はローエングリン向けのユーゲントリッヒャー・テノールなので、本当はトリスタンは彼には重すぎる役でしょう。でも声量があれば劇場でも問題がないので(彼の実演は知りませんが)、それで当たり役にもできたのかな。ヘルデンテノールの典型のズートハウスやロレンツのようなスーパーロブストな声と違い、繊細でリリカルな歌に向いていそうですが、ヴィントガッセンはむしろ勢いに任せて疾駆するような歌を聴かせます。仕上がりはややラフでして、特にフレージングに問題はあるようで、もう少し「歌」として丁寧に聴かせて欲しかったな。一方、ニルソンは貫録たっぷりのイゾルデ。こちらもややラフな歌で、迫力満点ですがやや美感を欠きます。それに、個人的にはどうもニルソンは美声だと思えないのですな。ちょっと魅力薄。ヴェヒターのクルヴェナールが実にすばらしい。若君を守り心からの忠義を尽くす股肱の臣を、力強い声で見事に歌いました。ルードヴィヒのブランゲーネは強いニルソンに見事に寄り添って、こちらもひけをとりません。マルケ王は裏切られつつ許しもする、マヌケでお人好しとも言えるし、気の毒だけど徳高い人とも言えるし、役作りは難しいところかもしれませんが、タルヴェラは声の威力でひとまず乗り切りました。総じて強力なキャストを揃えたバイロイトならではの布陣。録音は文句なし。バイロイトの特殊音響をよくとらえ、咆哮するオケとそれに負けない歌手の歌を絶妙に再現しました。このディスクは、戦後バイロイト全盛期の時代を背負った指揮者と歌手による「歴史的な名演」という評価、位置づけにするのがよいかと思います。上記のような不満はありますし、『トリスタン』という作品のさまざまな魅力を伝えてくれる演奏は他にもありますので、あえて「最高」とは申しません。ただ、劇場での現場経験の豊富な熟練の名人たちによる「活きたドラマ」がここにはあって、全曲を聴きとおして大いに感動したことは事実であります。もちろん、お薦めいたしますよ。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

9

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品