SACD 輸入盤

『タンホイザー』全曲 ヤノフスキ&ベルリン放送響、スミス、ステンメ、ゲルハーヘル、他(2012 ステレオ)(3SACD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PTC5186405
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ワーグナー『タンホイザー』
ディーン・スミス、ゲルハーヘル、ステンメ、他
ヤノフスキ&ベルリン放送響


ヤノフスキによるワーグナー・シリーズ第6弾は、傑作『タンホイザー』。オケの音を細部まで聴きとれる点で、セッション録音なみのクオリティを実現できる演奏会形式上演でのライヴ録音です。

【現代を代表するワーグナー歌手】
タンホイザー役にロバート・ディーン・スミス、エリーザベト役にニーナ・ステンメ、ヴォルフラム役にクリスティアン・ゲルハーヘル、ヘルマン役にアルベルト・ドーメンという豪華な配役となっています。

【ペンタトーン】
今回、オーディオ・マニア御用達レーベル「ペンタトーン」から登場するこの『ローエングリン』は、最新のDSDレコーディング技術で収録されたマルチチャンネル対応高音質ハイブリッドSACDであることも注目されるところです。
 2002年以来首席指揮者を務めるベルリ放送交響楽団とは、一連のワーグナーのほか、リヒャルト・シュトラウスの映画版『ばらの騎士』や、ブラームスのドイツ・レクィエム、シューマンの交響曲などに加え、ヘンツェやヒンデミットといった作品のレコーディングもおこなっており、それぞれ高い評価を受けてきました。

【ヤノフスキ】
コンサート・ファンにはホットな情感を湛えた演奏で人気の高いドイツの指揮者、ヤノフスキ(ヤノウスキー)は、1939年2月18日にワルシャワで生まれますが、ほどなく第二次世界大戦が勃発したため、すぐに母親の両親の住むドイツのヴッパータールに移住し、ドイツで暮らすこととなります。最初数学を専攻したヤノフスキですが、やがて音楽の道に進むことを決意、ケルン音楽大学に進んで指揮を学び、さらにウィーンやシエナでも研鑽を積みます。
 そうした事情もあってか、ヤノフスキのCDには独墺系レパートリーが多いようですが、レパートリーそのものは、オペラとコンサートの両面で近現代音楽やフランス物までカバーしていてかなり広く、ヤノフスキの多彩な才能が十分に窺えるものとなっています。
 その緻密な仕上げと隙の無い解釈は、地元ドイツでもファンの心を着実に掴んでおり、激戦区ベルリンにあって、手兵ベルリン放送響の聴衆動員率アップに大いに貢献し、2011年まで契約が延長されるという栄誉にも浴しています。
 ヤノフスキは ドイツ育ちの指揮者という割にはフランス音楽が得意で、よくとりあげもしますが、それには1984年から20年近くに渡って深く関わったフランス国立放送フィルでの仕事の影響もあるのでしょう。この頃の実績により、ヤノフスキはメシアンの権威として高く評価されてもいました。
 一方でヤノフスキはドイツの歌劇場叩き上げタイプのオペラ統率ができる人物でもあり、様々なオペラでオーケストラ・サウンドを大切にしながら、引き締まったドラマ展開を創出していたものです。(HMV)


【収録情報】
・ワーグナー:歌劇『タンホイザー』全曲

 ロバート・ディーン・スミス(テノール/タンホイザー)
 クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン/ヴォルフラム)
 ニーナ・ステンメ(ソプラノ/エリーザベト)
 マリーナ・プルデンスカヤ(メゾ・ソプラノ/ヴェーヌス)
 アルベルト・ドーメン(バス/ヘルマン)
 ペーター・ゾーン(テノール/ヴァルター)
 ヴィルヘルム・シュヴィングハンマー(バス/ビテロルフ)
 マイケル・マカウン(テノール/ハインリヒ)
 マルティン・スネル(バス/ラインマル)
 ビアンカ・ライム(ソプラノ/若い羊飼い)
 ベルリン放送交響楽団&合唱団
 マレク・ヤノフスキ(指揮)

 録音時期:2012年5月5日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(DSDレコーディング/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2ch SACDでの試聴。すばらしい録音で、ワー...

投稿日:2013/06/28 (金)

2ch SACDでの試聴。すばらしい録音で、ワーグナーの巨大オーケストラの内声部まで手に取るように聞こえてきます。もしスコア片手に聴く方がいたら、絶対買うべし。演奏は滔々と流れるようで、ドラマティックなものを期待するとがっかりするかもしれませんが、ワーグナーの音楽に身をゆだねるつもりなら大変満足できるでしょう。

かくとしらじ さん | 愛知県 | 不明

2

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品