CD 輸入盤

『ジークフリート』全曲 ヨゼフ・カイルベルト&バイロイト(1955 ステレオ)(4CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SBT41392
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ステレオで登場!
ワーグナー:楽劇『ジークフリート』全曲
カイルベルト&バイロイト(1955)

世界初のステレオでの『ニーベルングの指環』の録音は、1958年から1965年に行われたショルティ/カルショウによるスタジオ・セッションではありません。1955年夏のバイロイト・ライヴが、なんと全編ステレオで残されていたのです。
 指揮はヨーゼフ・カイルベルト。プロデューサーは、当時まだヴィクター・オロフの助手だった若き日のピーター・アンドリー(後に「アート・オブ・コンダクティング」にも出演)が務め、エンジニアは辣腕ケネス・ウィルキンソンと、技術力のロイ・ウォレス、そしてまだ若かった後の天才エンジニア、ゴードン・パリーがアシスタントというデッカ気鋭のチームにより、ステレオ録音そのものが大変珍しかった時代に、『指環』全曲のライヴ・レコーディングがおこなわれていたのです(ちなみにピーター・アンドリーは、オロフと共にこの3ヵ月後にはウィーンのムジークフェラインでベームの『影のない女』のステレオ録音をおこなっています)。

 ノイマンM49マイクロフォン6本を使用してのここでの録音は、しかしながらある意味“賭け”でもありました。一回設置されたマイクは一度演奏が始まれば二度と触れることができなかったからです。6本のうちの3本は、照明固定用のバーに一緒に吊り下げられ、舞台上20フィートにありました。それらが集約されたのが、ロイ・ウォレスの設計した6チャンネル・ミキサーST2。そして2台のAEG TR9テープ・レコーダーに、ヴィントガッセン、ホッター、ヴァルナイなど、そうそうたるワーグナー歌手たちの競演と、カイルベルトが指揮するオーケストラが醸し出す、バイロイト祝祭劇場の独特なサウンドがステレオで収められたのです。
 一連の試みは、奇跡的としか言いようのないほど成功し、近年の録音と言われれば信じてしまうばかりの瑞々しさで、半世紀前の『指環』を今に伝えているとのこと。

 1955年の夏、『指環』は2チクルス演奏されました。デッカのこの実験的な試みは、1回目のチクルスにおけるヴァルナイ、ブロウェンスティーン、ウーデ(それぞれ2回目には不参加)を録ることにあったといっても過言ではありません。2回目も歌手の変更以外のところではバックアップに使えたのですが、基本的には本番とオーケストラ・リハーサル及びゲネラルプローベの時のテープだけでマスター・テープは完成されています。しかも、驚くべきことに、この『ジークフリート』においては、僅か21箇所のテープ・エディットしか施されていません。これはまさに、いかに実際の舞台がすばらしかったかの証左でもあります。

 しかしながら、周囲の思惑や、EMIまで含んだ複雑な契約上の問題で、この『指環』がリリースされることはありませんでした。ひとつにはプロデューサーのピーター・アンドリーが、ボスのヴィクター・オロフと共に録音の翌年にはEMIに移ってしまったことが挙げられるでしょう。オロフの後任は、キャピトルからデッカに戻ったジョン・カルショーであり、彼がライヴ録音嫌いであったこと、すでに『指環』のセッション録音の計画を持っていたことが、この『指環』の存在を封印するに充分な要因であったことは容易に想像のつくところでもあります。

 装丁は、4枚組ではありますが、プラスチックのマルチ・ケースではなく、先のクレンペラー・ライヴ同様の美麗紙ケースにそれぞれ紙スリーヴにCDが収められています。このスリーヴ及びブックレットには、英独の歌詞対訳のみならず、貴重な資料と写真が満載されています。
 TESTAMENT社スチュワート・ブラウン氏が『なにより、この素晴らしい音楽を自レーベルで取り扱うことができたことを神に感謝したい!』というように、氏の愛情と尊敬の念が結晶したかのようなアートワークです。

 今後、CDでは2006年中に『ラインの黄金』『ヴァルキューレ』『神々のたそがれ』がそれぞれ個別のBOXで発売されます。また、『指環』全曲のアナログ盤(19枚組予定)の発売も決定しています。

・ワーグナー:楽劇『ジークフリート』全曲(4CD)
 ヴォルフガング・ヴィントガッセン(T:ジークフリート)
 パウル・クーエン(T:ミーメ)
 ハンス・ホッター(B:さすらい人)
 グスタフ・ナイトリンガー(Br:アルベリヒ)
 ヨゼフ・グラインドル(B:ファフナー)、他
 ハリア・フォン・イロシュヴァイ(A:エルダ)
 イルゼ・ホルヴェーク(S:小鳥の声)

 バイロイト祝祭管弦楽団
 ヨゼフ・カイルベルト(指揮)

 録音:1955年8月 バイロイト祝祭劇場[ステレオ]

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Hotter, Hans - Siegfried (oper In 3 Akten) (gesamt
  • 02. Prelude
  • 03. Zwangvolle Plage! (1. Akt)
  • 04. Hoiho! Hoiho! Hau' Ein!
  • 05. Da Hast Du Die Stuecken
  • 06. Als Zullendes Kind Zog Ich Dich Auf
  • 07. Vieles Lehetest Du, Mime
  • 08. Einst Lag Wimmernd Ein Weib
  • 09. Und Diese Stuecken Sollst Du Mir Schmieden
  • 10. Da Stuermt Er Hin!
  • 11. Heil Dir, Weiser Schmied!
  • 12. Hier Sitz' Ich Am Herd
  • 13. Was Zu Wissen Dir Frommt
  • 14. Die Stuecken! Das Schwert!

ディスク   2

  • 01. Verfluchtes Licht!
  • 02. Heda! Du Fauler!
  • 03. Bist Du Es, Kind?
  • 04. Fuehltest Du Nie Im Finstren Wald
  • 05. Her Mit Den Stuecken
  • 06. Notung! Notung! Neidliches Schwert!
  • 07. Hoho! Hoho! Hohei!
  • 08. Prelude
  • 09. In Wald Und Nacht (2. Akt)
  • 10. Zur Neidhohle Fuhr Ich Bei Nacht
  • 11. Mit Mir Nicht
  • 12. Fafner! Fafner! Erwache, Wurm!
  • 13. Nun, Alberich, Das Schlug Fehl
  • 14. Wir Sind Zur Stelle
  • 15. Dass Der Mein Vater Nicht Ist

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
演奏・録音ともに素晴らしく★5つです。が...

投稿日:2011/06/11 (土)

演奏・録音ともに素晴らしく★5つです。が、3幕がそれぞれ1CDに収まるのに、4CDにした理由はLP発売のために編集したマスターをそのまま使用したからでしょう。この録音を公にしたこと、マスタリングの労苦には頭が下がりますが、購入者に対する考慮が足りません。で、★1つ減。

影の王子 さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
☆
出費を抑えなきゃと思いつつ買ってしまった...

投稿日:2010/01/13 (水)

出費を抑えなきゃと思いつつ買ってしまった…。なぜなら「ジークフリート」でのヴァルナイをステレオで聴きたかったから。その目的なら買って損なしです。まず目覚めてからの「Heil dir Sonne!」で既に涙です。ラストの二重唱で思考も飛んで行ってしまいます。ただ他の録音と比べると、いつも程の本調子ではないような気もしますが、それでも神々しい歌声を鮮明な音で聴けるのは嬉しいですね。 他の歌手では、ステレオになり、まずクーエンの性格表現が想像以上に凄かったと判明しました。イロシュヴァイもステキ♪ 全体では、ノイズや音割れは仕方ないとして、それでも音の渦と鮮明な歌手の熱演ぶりに圧倒されるでしょう。でも音量を落として冷静に聴くと、カイルベルトの音楽は「ジークフリート」には骨太過ぎるように思えてしまいます。特に二幕はクラウス53年盤と比べると真面目過ぎるかも…。それでも充分名演なんですけどね。ヴァルナイ目的だけなら星五つにしたいですが…。

オペラが婚約者な男 さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
☆
☆
おもったほどヴァルナイの状態がよくないの...

投稿日:2007/04/11 (水)

おもったほどヴァルナイの状態がよくないのが残念。また、舞台ノイズが多すぎるのと、強奏で混濁する。クナのパルジファルステレオで混濁感がありますが、その比ではない。世界中で録音と演奏について過大評価やめ!こうして聞くと、クナはちょっと弛緩してはいるが、聞き手を魔法にかけるようなときめきがある。これにはない!が、サヴァリッシュよりはいい。

たけかわ さん | 豊中 | 不明

1

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド