ワインガルトナー、フェリックス(1863-1942)

ワインガルトナー、フェリックス(1863-1942)

ワインガルトナー、フェリックス(1863-1942) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

関連商品

商品ユーザーレビュー

13件

すべてのユーザーレビューを見る(13件)

  • 指揮者として活躍した作曲者が一般大衆に受ける曲を目...

    投稿日:2021/04/20

    指揮者として活躍した作曲者が一般大衆に受ける曲を目指して書いていて第2番、第3番ではそれが成功していると思います。変化に富んで”飽きが来ない”ようになっています。4番以降は作りが平凡で魅力に乏しいです。 ・第2番の第2楽章の旋律はブルックナーの交響曲第5番のスケルツォに似せています。第3番の第4楽章にはヨハン・シュトラウスの喜歌劇”こうもり”序曲に登場する旋律そのものが長々と引用されます。第6番は1928年のシューベルト没後100年記念の作曲コンクールに関連した曲で(ワインガルトナーは主催者側なので応募はしていません)第1楽章にはシューベルトのハ長調交響曲の第1楽章の主題の変形が登場し、第2楽章はシューベルトが未完成交響曲の第3楽章スケルツォのために書いていたスケッチをオーケストラで再現しています。第7番は独唱、合唱付きの大曲ですが、平凡な作りです。 収録されている交響詩などには聞き映えのする曲が多くあります。特に”序曲 深刻な時より”は1914年(第1次世界大戦の始まった年)という作曲年を考えると大変おもしろく聴けます。(イギリス、フランスの国家が最後にはオーストリア国歌に圧倒される】

    yama3 さん |60代

    0
  • 待望の発売!ワインガルトナーが、自分の作曲家活動の...

    投稿日:2013/11/10

    待望の発売!ワインガルトナーが、自分の作曲家活動の集大成として書き上げた交響曲で、実際、初演後しばらくして亡くなっている。内容はベートーヴェンの「第九」を意識しているのではと思わせる独唱、合唱を伴う大規模な作品になっている。これまで6曲の交響曲を聴いてきて、彼の音楽に興味を抱いている方にはぜひお薦めしたい。

    じょーじ さん |50代

    0
  • メンデルスゾーンやブルッフの作品のような流麗で聴き...

    投稿日:2012/08/13

    メンデルスゾーンやブルッフの作品のような流麗で聴き応えのある美しい作品。演奏も素晴らしい。

    じょーじ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ワインガルトナー、フェリックス(1863-1942)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%