ロレッタ・セロフィッリ

人物・団体ページへ

ちいさなもり 世界の絵本

ロレッタ・セロフィッリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062621779
ISBN 10 : 4062621770
フォーマット
出版社
発行年月
2001年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25p;30

内容詳細

小さな森には、すてきな木がいっぱい。きじをはじめ、たくさんの動物たちがやって来ます。でも、みんな「出て行け!わたしの小さな森から!」と、新住人に向かって叫ぶばかり。でも、森の本当の願いは…。

【著者紹介】
ロレッタ・セロフィッリ : 1960年にイタリアのエミーリア州で生まれる。ボローニャ美術アカデミーで絵画を学ぶ。その画風の新鮮さに将来を期待される、新鋭の絵本画家である

アルベルト・ベネベッリ : 1958年、イタリアのエミーリア州スカンディアーノに生まれる。数多くの創作童話を発表しているが、とくにロレッタ・セロフィッリの作品での文章には、定評がある

大岡玲 : 1958年、東京生まれ。東京外国語大学、および大学院にてロマンス系言語を専修。1989年『黄昏のストーム・シーディング』で三島由紀夫賞、1990年『表層生活』で芥川賞を受賞する。小説の執筆以外でも、女性誌でのエッセイ連載や対談、あるいはテレビの美術番組の司会など幅広く活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    動物たちみんなを黙って見守り、受け入れる大らかな、小さな森。それなのに、森に住み着く動物たちの身勝手さが悲しい。人間に森を壊されようとした、その時までそれがわからないなんて。しかし、森の木を切ろうとした木こりもまた、足ることを知って慎ましい生活を選んだ。共存の道があったことを嬉しく、喜ばしいと思う。

  • JayTee さん

    絵がいい。みたことあるようだけど、よく見ると独特で楽しい絵。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロレッタ・セロフィッリ

1960年にイタリアのエミーリア州で生まれる。ボローニャ美術アカデミーで絵画を学ぶ。その画風の新鮮さに将来を期待される、新鋭の絵本画家である

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品