美しい荘厳な芸術 ヨーロッパの大聖堂

ロルフ・トーマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309278209
ISBN 10 : 4309278205
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
400p;32

内容詳細

中世から近現代にわたって、ビザンツ、ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロック、ロココなどの各建築様式を体現しながら、建築家たちによる技術の粋を極めた壮大な大聖堂がヨーロッパの各都市に建設されてきた。外観だけでなく、内部の構造、身廊から祭壇に至る眺め、天井画、装飾、彫刻、ステンドグラスなど、細部まで精密に撮影された美しい写真の数々に私たちは圧倒され、その静寂にひたり、沈黙する。静寂、癒し、至福―ヨーロッパ中を旅する構成で、主要11カ国125都市を網羅し、最も美しく最も重要な151聖堂・教会を収録した、かつてない規模の驚異的な写真図鑑。職人たちの技術と情熱、ヨーロッパ文化の極致ともいえる至宝をくまなく紹介する。

目次 : 1章 バーゼルからクサンテン―ライン川沿いの大聖堂と聖堂/ 2章 リューベックからグダニスク―バルト海地域のレンガ・ゴシック様式(およびロマネスク様式)/ 3章 ライプツィヒからクトナー・ホラ―ザクセンとボヘミアの祈りの場/ 4章 ザンクトガレンからウィーン―アルプス山脈の前山地帯のバロック様式とロココ様式/ 5章 コモ湖からラヴェンナ―キリスト教芸術の第1千年紀/ 6章 フィレンツェからヴェネツィア―ルネサンスを象徴する建築物/ 7章 ローマからペルージャ―教会史をひもとく鍵となる場所/ 8章 ヴェズレーからポワティエ―ブルゴーニュ、オーヴェルニュ、フランス南部と西部のロマネスク建築/ 9章 パリとその周辺―フランス中心部のゴシック大聖堂/ 10章 バルセロナとその周辺―カタルーニャの教会建築の今昔/ 11章 ロンドンとその周辺―イギリスの中世の大聖堂

【著者紹介】
ロルフ・トーマン : 1953年生まれ。ケルンでドイツ文学とドイツ哲学を学び、編集者として国際的な出版社で働いた後、1992年から文化研究に関する書籍のフリーランス編集者となる。美術史関連の出版物を中心に活躍

アヒム・ベトノルツ : 1946年生まれ。聖なる空間と歴史建造物を専門とする写真家。光を巧みに操る撮影で知られる

バルバラ・ボルンゲッサー : ベルリン、フィレンツェ、サラマンカで美術史、ロマンス言語学、考古学、メディア研究を修めた。スペインのルネサンス絵画に関する論文でベルリン自由大学の博士号を取得後、ベルリン、ゲッティンゲン、ドレスデンで研究・教育職に就く。美術史家として名を成し、バロック期とルネサンス期の美術・建築に関する出版物の執筆、編集を数多く手がけてきた

忠平美幸 : 1962年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学図書館司書を経て翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 秋良 さん

    大聖堂と一口に言っても、ドイツは重厚で、イタリアは洗練されてて、フランスは繊細。地域性、国民性が現れている気がする。これだけスケールの大きいものは、やっぱりいつか生で見たい。

  • あら さん

    どえらいもん見た

  • kaz さん

    まさにサブタイトルどおり、荘厳な芸術。本の一部を見るだけでも、圧倒される。全体をながめると、大聖堂の雰囲気の地域ごとの個性もうかがえるようで、楽しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロルフ・トーマン

1953年生まれ。ケルンでドイツ文学とドイツ哲学を学び、編集者として国際的な出版社で働いた後、1992年から文化研究に関する書籍のフリーランス編集者となる。美術史関連の出版物を中心に活躍

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品