シージャー 発作 下 扶桑社ミステリー

ロビン・クック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594066253
ISBN 10 : 4594066259
フォーマット
出版社
発行年月
2012年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
386p 15cm(A6)

内容詳細

危機に瀕したアシュリー上院議員は、その政治力をフルに発揮する。国の政策としてダニエルが進める遺伝子組み換え実験を阻止する裏で、彼に取り引きを持ちかけ、開発中の治療法を自分に施すように要求したのだ。こうして2人の男の目的が合致し、運命の歯車が動きだす。しかも、キリスト教保守派のアシュリーは、治療に使う遺伝子に、宗教的遺物を使えという驚くべき条件を出してきた―医学サスペンスの巨匠ロビン・クック、待望の日本復活!最高傑作と絶賛されたノンストップ・スリラー。

【著者紹介】
ロビン・クック : 1940年ニューヨーク生まれ。ウェスレイアン大学卒業後、コロンビア大学で医学を修め、クストー海洋学研究所にも学ぶ。外科医となった後、海軍で潜水艦に搭乗、深海居住実験にも参加する。退役後、ハーヴァード大学で眼科医となる。77年に発表した『コーマ―昏睡』が大ヒットし、医学サスペンスの第一人者となる。インターネット企業やスポーツ・ビジネスでも活躍

川副智子 : 翻訳家。早稲田大学文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • niaruni さん

    それなりに波瀾万丈、それなりに蘊蓄、それなりに納得する結末…ではあるのだけれど。主人公のふたりにあまり魅力がないような。むしろ、ある意味敵役の上院議員のほうが人間としては面白かったりして。全体的には、うーん、なんとも言えない感じ。決してつまらなくはないから、わあっと一気に読んで、このボリュームを読み終えた達成感に虚脱する、という読み方がいいのかも。

  • Sonny さん

    まさかの、主人公死亡……。ただ、主人公ふたりとも魅力的でないから、それもありかなー。出てくる人がみんな、悪い意味でばかっぽいし、ミステリかと訊かれれば、別に謎解きもないし、聖骸布が出てきても、歴史ものというわけでもないし、どこをとってもなんか中途半端。最後の砦、医療ものとしてはどうかと言われれば。そこはおもしろかったんだけど、妙に浮いてるし。

  • 菱沼 さん

    ウィンゲート・クリニックを舞台にした『ショックー卵子提供』を読んだのは、もうそんなに昔だったのかと改めて思った。これだけ時間があいたのは、ハヤカワでロビン・クックを訳してきた林克己さんが高齢だから(105歳!)だったのだろうか。ご自身も医者である林さんの訳文に慣れていた私としては、今回の訳文がどうにも気になる。「○○した。××だったから。」という組み合わせの文章が多用されており、もう少し日本語をなんとかできないものかと感じた。そして文章のせいだけでなく、クックは昔の方が面白かった気がする。

  • 旅猫 さん

    ノン・ストップで進んだ物語が、あっけなく巻くを閉じた感じの肩透かしですが・・・結末はこういう方法でしかつけられないんでしょうかね。それこそ、デウス・エクス・マキーナの登場で。

  • 沼田のに さん

    結末の落し処が読めない話だった。主要登場人物の男は皆自分の目的のためにというか利己的に一生懸命だから手術が成功して主人公と上院議員が丸く納まっても何となく薄っぺらに感じる結末になるんじゃないかと心配しながら読んでた。キリスト教なんか信心してるともっと面白いとおもうのかね。6/10

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロビン・クック

1940年ニューヨーク生まれ。ウェスレイアン大学卒業後、コロンビア大学で医学を修め、クストー海洋学研究所にも学ぶ。外科医となった後、海軍で潜水艦に搭乗、深海居住実験にも参加する。退役後、ハーヴァード大学で眼科医となる。77年に発表した『コーマ―昏睡』が大ヒットし、医学サスペンスの第一人者となる。イン

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品