ロバート・W.ウォーカー

人物・団体ページへ

肩の上の死神 刑事ルーカス・ストーンコート 扶桑社ミステリー

ロバート・W.ウォーカー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594031220
ISBN 10 : 4594031226
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,574p

内容詳細

黒人少年ばかりを狙う連続誘拐事件がヒューストンで発生、被害者はみな惨殺死体で発見されていた。警察はFBIの超能力捜査官キム・デジナーに協力を要請し、キムは誘拐されたラマーという少年とテレパシーで交信しつつ必死に手がかりを探るが、少年は犯人の残虐な拷問に刻々と弱っていく。一方、五十年前のインディアン女性殺害事件の再調査に巻き込まれた刑事ストーンコートは、ひそかに“誘拐魔”事件にも取り組んだものの、進展しない捜査に焦りの色を濃くしていた。チェロキー族出身の異色刑事、待望の再登場。

【著者紹介】
ロバート・ウォーカー : ミシシッピ州生まれ。シカゴで育ちノースウエスタン大学を卒業。著書は20冊あまり。現在はフロリダに住み、地元の大学で創作を教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • LOVE弁慶 さん

    図書館のリサイクル本として読書。主人公もストーリーも結論も含め、あまり好みではなかったので読破に時間がかかった。

  • あつぼう さん

    チェロキー族出身の刑事、ルーカスシリーズ第2弾。本作では黒人少年ばかり狙う連続誘拐事件が発生し被害者はみな惨殺死体で発見されます。ルーカスがここで頼るのが、同じロバート・ウォーカーのジェシカ・コランシリーズにも登場した超能力捜査官キム・デジナー。ジェシカとルーカスのシリーズがリンクするのはファンとして凄く嬉しいです。前作のヘルシンガー事件をきっかけに迷宮入りしてた事件を担当するルーカスは現在の事件と過去の事件の捜査に大忙しやけど、彼のひたむきさが被害者の家族の心を癒しますね。

  • ルウ さん

    ★1 無駄に長い。みんな揃ってウダウダ悩んでばっかり&同じ話の繰り返しで話が全然進まず、インディアンの設定も全く生かされずただの脳筋バカ。この分厚さに前半で心が折れるか?って試されて、何とか乗り切った自分がスゲ ー。

  • kazunorie さん

    読もう読もうと思っていてなかなか読めなかったけど、やっと読めました 重苦しい内容でしたが、重圧を受けながら活躍する、ルーカスを応援していきたいですね。 できたら、もうちょい明るく…、無理か。

  • 對馬 正晃 さん

    一つの話の中に二つの事件を詰め込んでいるので散漫な感じがします。最後のまとめもちょっと強引な気が…。いつ出るか分からない次回作に期待します(苦笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品