ロバート・W.ウォーカー

人物・団体ページへ

女検死官ジェシカ・コラン 扶桑社ミステリー

ロバート・W.ウォーカー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594022075
ISBN 10 : 4594022073
フォーマット
出版社
発行年月
1997年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,457p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 坂城 弥生 さん

    犯人が被害者の血を飲んだり、血の風呂に入ったりしてる所が気持ち悪かった。

  • アキ さん

    逆さ吊りにされ、大量の血液を抜き取られた若い女性。 めった切りにされているのに、現場には血の跡が無い。 FBIに協力を求められたジェシカは現場に急行。 そして犯人が隠そうとした小さな傷跡を発見する。 犯人による巧妙な罠に踊らされるFBIや警察関係者。 本作はジェシカと犯人の目線で交互に語られる。 結構グロイ描写があります。 そして狙われたジェシカ!最後の方は心臓バクバクでした。 ミステリというよりは、サイコサスペンスって感じ? 初読みだったけど、楽しめました。

  • まめなやつ【多摩市多摩センター整体マッサージ】 さん

    FBIがこんなにだらしなくていいのか?という展開。病気持ちのさえない中年男の犯人がこんなに強いのはいかがなものか?とも思う。単純に面白いだけのお話。

  • あつぼう さん

    とにかく心臓の悪い人は読まない方がいいです。ジェシカ・コランはコーンウェルのスカーペッタに匹敵するほどの魅力的なヒロインです。同じ検死官作品なんですが、こちらの方が衝撃度は高いです。このシリーズの面白い所は、犯人は前半に登場するんです。そして犯人の視点とコランの視点で話は進んで行きます。だから被害者が虐殺されるシーンも鮮明に書かれています。あまりにリアルなんで怖くなりますよ。

  • hana さん

    女検死官ものはパトリシア・コーンウェルの作品以来。あまり期待してなかったが意外に面白かった。シリーズものらしいので自作に期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品