ロバート・D・エルドリッヂ

人物・団体ページへ

人口減少と自衛隊 扶桑社新書

ロバート・D・エルドリッヂ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594081560
ISBN 10 : 4594081568
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;18

内容詳細

人口減少について日本人は社会保障や経済ばかり心配しています。
しかし、人口減少で最もダメージを受けるのは自衛隊です。

2011年、東日本大震災が発生した時、10万人の自衛隊が出動し、若い隊員たちが、被災者の災害救助に尽力しました。

しかし、日本の若者の人口は50年後には半減します。
もしその時に大災害が起こったら、出動できる自衛隊員は何人いるでしょうか?

自衛隊の隊員不足で、多くの救える命が失われてしまうかもしれないのです。

元米海兵隊幹部で、自衛隊と長年仕事をしてきた著者ならではの視点による自衛隊消滅を防ぐための12の提言!

今すぐ動かなければ手遅れになる!

【著者プロフィール】
ロバート・D・エルドリッヂ
1968年米国生まれ。政治学博士。神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授、在沖縄海兵隊政務外交部次長を経て、現在エルドリッヂ研究所代表。

【著者紹介】
ロバート・D・エルドリッヂ : 1968年米国生まれ。政治学博士。神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授、在沖縄海兵隊政務外交部次長を経て、現在エルドリッヂ研究所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fseigojp さん

    とんでも本かと思ったら意外に硬派だった

  • 乱読家 護る会支持! さん

    日本は人口が減少するから、自衛隊の人材確保と有能な人材採用が難しくなる。よって「給料アップ」「定年引き上げ」「採用条件の引き下げ」「予備自衛官数の拡大」「女性自衛隊の倍増」「海外の任務削減」「米国による安全保障に一層依存」「集団的安全保障機構の構築」「限定的核抑止力の保持」「徴兵制度」などの15項目を提言。。。 あのう、、、憲法改正が入ってないがな。「自衛権の行使を憲法に明記する。ポジティブリストをネガティヴリストにして、有事に機能する自衛隊にする。」これがまず第一でしょう。優先順位がブレブレ。。。

  • 恵美 さん

    切実なテーマだ。人口は力だと思い知らされる。

  • b85m pro さん

    思ったより、けっこうしっかりした本でした。未来の年表の自衛隊版みたいな感じかなと思ってたけど、人口問題のみに留まらず日本の国防問題全般について語られていて参考になった。

  • バヤシコ さん

    この本は、体を張って国を守る自衛隊の維持、隊員の待遇に対して問題提起をしている。著者は自衛隊の内部に居たからこそ、真剣に考え続けている問題なのだろう。今や、日本中で資金だけでなく、人的資源も足りていない。今あるリソースをどう配分するかも考えなければならない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ロバート・D・エルドリッヂに関連するトピックス

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... HMV&BOOKS online|2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品