投機バブル 根拠なき熱狂 アメリカ株式市場、暴落の必然

ロバート・J・シラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478200643
ISBN 10 : 4478200645
フォーマット
発行年月
2001年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
344p;20

内容詳細

暴騰と暴落のメカニズム!FRB議長グリーンスパンの名言を軸に、乱高下する株価の秘密を検証。米国株バブルに警鐘を鳴らし、全米に衝撃を与えた問題作。

目次 : 株価の歴史/ 第1部 株式市場を動かす構造的要因(高騰を促進した一二の要因/ 熱狂の増幅メカニズム―自然発生したポンジー詐欺=ネズミ講)/ 第2部 株式市場を動かす文化的要因(ニュース・メディアの影響/ 「新時代」の経済思考/ 世界的な「新時代」思考とバブル)/ 第3部 株式市場を動かす心理的要因(株式市場の心理的な「アンカー」/ 群衆行動と思考の伝染)/ 第4部 「熱狂」は合理的なものか?(効率的市場、ランダム・ウォーク、バブル/ 投資家は市場から何を学んだか)/ 第5部 行動への提言(自由社会の投機的な市場変動)

【著者紹介】
ロバート・J・シラー : 1946年生まれ。1972年MITで経済学Ph.D.取得。現在、イェール大学経済学部教授。全米経済研究所研究員、ニューヨーク連銀諮問委員会メンバー等も務める。金融理論、マクロ経済学、統計学、行動経済学、計量経済学等を駆使し、広範な言論活動を展開する注目のエコノミスト。本書『Irrational Exuberance』は、刊行直後より主要紙誌で絶賛され全米ベストセラーに。主著は、『Market Volatility』、『Macro Markets』等。後者は1996年度ポール・サミュエルソン賞受賞作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶらり さん

    何で今更バブルか?バブル経済が懐かしいから…?んなわけないか

  • Kenji Ogawa さん

    なるほど

  • 17時のチャイム さん

    著書内の言葉ではないですが「勇気ある本」の一言に尽きます。

  • kei さん

    ☆☆☆☆

  • Junichi Wada さん

    「2000年のITバブル崩壊」を予言したとされるシラー先生の著書。確かに当時の株価の高騰をファンダメンタルズを元に説明されていて説得力はある。ただ、後半については、行動ファイナンス的で、蛇足のように感じる。しかし、米国マーケットの1881年から100年を超えるPERとリターンとの関係(低PERの時がその後のリターンは良くなる)、各国の5年の騰落記録による検証(5年上がれば5年下がる)などは示唆に富んだ研究である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品