ロバート・マカモア

人物・団体ページへ

英国情報局秘密組織CHERUB Mission2 クラスA

ロバート・マカモア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784593533923
ISBN 10 : 4593533929
フォーマット
出版社
発行年月
2008年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,444p

内容詳細

新人スパイとして、無事にチェラブでの初任務を終えたジェームズ。12歳の誕生日を間近に控えた彼に与えられた次の任務は、蔓延するドラッグの密輸入を阻止するための、危険な任務だった…。

【著者紹介】
ロバート・マカモア : 1972年、英国のロンドン生まれ。私立探偵として活躍していたが、「読みたい本がない」というおいっ子の不満を聞いてこのチェラブシリーズを書いたところ、ベストセラーに。シリーズ最初の本『スカウト』は、イギリスの子どもたちが選ぶチルドレンズ・ブック賞ほか、多くの賞を獲得した。13年間、探偵の仕事をつづけたのち、現在はロンドンで作家業に専念している

大沢晶 : 大阪外国語大学(当時)卒業後、新聞記者を経て翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スケキヨ さん

    第一巻よりもミッションの事が深く書かれていてとても楽しかったです。主人公のジェームズの異性への態度を軽く感じたり、ちょっと向こう見ずな行動にハラハラしたり、情が厚くて悪者を気にしてしまったり、彼の魅力が詰まった一冊でした。『英国の児童が巻きこまれる麻薬の問題』が詳しくわかりました。ミッションだけでなく、仲間の様々な面も見え始めたので彼らの“これから”がとても楽しみです。

  • さゆ さん

    ジェームズには、何かこう、安心して見ていられなくてハラハラさせられるんですよね。それがこのシリーズの魅力の一つでもあるんですよね。あの誕生パーティのシーンでは、そのハラハラがピークでした。 あんまり深く物事を考えないタイプで現代っ子なのかなと思うけど、それでいて、ひどく妹思いだったりするし、情にもろいところもあります。1年前の自分を振り返り、今が幸せだと思いながらも、ママのことを大好きだった13歳の少年。成長が楽しみです。

  • チョコ★@1年ぶりです さん

    私は、Mission2が一番好きかも。ジェームズが学校を抜け出したり、マイアミに旅行に行ったりして、楽しそう!(まぁ、ミッションしてるんですけど・・・)テイクアウト頼むなら、私はピザ☆ニコールが出て行くときは、思わず涙が出ちゃいました。

  • y yoshi (イツモ ホンヲ ハナシマセンデシタ) さん

    2作目。シリーズで2番目に好きな作品。

  • いよ さん

    これが現代の児童書かと何回驚いた事か! ミッションもだけど、キャラ関係も気になる〜

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロバート・マカモア

1972年、英国のロンドン生まれ。私立探偵として活躍していたが、チェラブシリーズを書いたところ、ベストセラーに。シリーズ最初の本『スカウト』は、イギリスの子どもたちが選ぶチルドレンズ・ブック賞ほか、多くの賞を獲得した。13年間、探偵の仕事をつづけたのち、現在はロンドンで作家業に専念している

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品