ロバート・マカモア

人物・団体ページへ

英国情報局秘密組織CHERUB Mission10 リスク

ロバート・マカモア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784593534661
ISBN 10 : 4593534666
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
417p;20

内容詳細

英国情報局の組織、CHERUB(チェラブ)は、17歳以下の子どもが活躍する極秘のスパイ機関。ジェームズとその妹ローレンは、チェラブの優秀なエージェントだ。米国陸軍と英国特殊部隊の合同演習に協力することになったチェラブの10人のメンバーと3人の教官たちは、なかば休暇気分でラスベガスに向けて旅立つが…。

【著者紹介】
ロバート・マカモア : 1972年、英国のロンドン生まれ。私立探偵として活躍していたが、チェラブシリーズを書いたところ、ベストセラーに。シリーズ最初の本『スカウト』は、イギリスの子どもたちが選ぶチルドレンズ・ブック賞ほか、多くの賞を獲得した。13年間、探偵の仕事をつづけたのち、現在はロンドンで作家業に専念している

大沢晶 : 大阪外国語大学(現大阪大学)卒業後、新聞記者を経て翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • どるdoru さん

    何で誰も読んでねーんだ! 確実に面白いシリーズなのに!

  • Miki Shimizu さん

    アメリカ軍と合同演習に。ついでにラスベガスにちょっと寄ったら、カザコフ教官がギャンブルにどハマり。誘惑に弱いジェームズは、久々に悪い子になっちゃう。

  • Be ambitious! さん

    ついにシリーズ全て読了! どれも次々と話が展開してジェットコースターに乗ってるみたいだった。 原作はまだまだ続きますが、数冊後が津波テーマなので翻訳出版が止まったのかな 小学生高学年、中学生の男子にブックトークで紹介予定

  • psy さん

    最新刊出たのは知ってましたが、図書館に最近行ってなくって。よーやく読了。いや〜今巻もとっても面白かったです〜。舞台はアメリカ。合同演習なんで、軽めなんかな?とか思いつつ読んでましたが、ラストのどきどきハラハラに一気読了。私はギャンブル出来ないな〜やっぱとか思ったりしましたw 今回、受難のジェームズ。次巻は巻き返しなんでしょか。てか、そろそろカウントダウンに入り、先々が色々と。どうなるんでしょね〜。次巻もとても楽しみです。

  • kambashig さん

    10代の子どもたちがメンバーの英国スパイ組織のシリーズ。今回は、米軍の軍事訓練に敵役として出張したり、警備システムの検証のために侵入するなど、今までの任務とは少し違う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品