ロバート・グラッツァー

人物・団体ページへ

シネマ頭脳 映画を「自分のことば」で語るための

ロバート・グラッツァー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784845902415
ISBN 10 : 4845902419
フォーマット
発行年月
2002年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

内容詳細

鑑定眼を磨き、評論力を鍛えて、映画通になろう。世界のシネマ頭脳化という野望を抱く映画スペシャリストが贈る、実践映画批評名講義本。著者自らの批評家魂を凝縮させた、映画評論に興味のない人にも楽しめる1冊。

【著者紹介】
ロバート・グラッツァー : 脚本家で映画クリティック、イン米国。ニューヨークで映画作家として活躍していた当時は、数々の映画祭に出品、賞讃を浴びた。現在はワシントンのラジオ局で毎週1回放送される「Movie 101(映画入門講座)」のパーソナリティをつとめて人気を博しているほか、雑誌やWEBサイトでも評論家として健筆を振るう。またニューヨーク・スクール・オブ・ビジュアル・アートやイースタン・ワシントン大学で教鞭をとったり、スポーケーンのノースウエスト映画祭のディレクターを務めるなど、八面六臂の大活躍。オーソン・ウェルズ、キートン、トリュフォー、タランティーノについて語りだすと脳内エンドルフィンが活性化する元祖シネマ頭脳

吉田俊太郎 : 翻訳家イン東京。ロンドンでテレビ・ディレクターとして活躍していた時代はロンドン・マラソンに出場、軽々と完走。「進む道を間違えた」と一瞬おのれの才能を恨んだが、現在はそのスタミナを武器に翻訳マシーンと化して原稿を量産。信奉するウィリアム・ゴールドマンの名前を聞いただけでひれ伏してしまうシネマ頭脳清教徒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひろすけ さん

    あんま面白くなかった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロバート・グラッツァー

脚本家で映画クリティック、イン米国。ニューヨークで映画作家として活躍していた当時は、数々の映画祭に出品、賞讃を浴びた。現在はワシントンのラジオ局で毎週1回放送される「Movie 101(映画入門講座)」のパーソナリティをつとめて人気を博しているほか、雑誌やWEBサイトでも評論家として健筆を振るう。ま

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品