ロバート・ウォーカー

人物・団体ページへ

悪魔に奪われた骨 女検死官ジェシカ・コラン 下 扶桑社ミステリー

ロバート・ウォーカー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594072728
ISBN 10 : 4594072720
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
追加情報
:
349p;16

内容詳細

女検死官ジェシカ・コラン シリーズ第11弾にして最終巻!ウィスコンシン州で背骨を抜き取られた惨殺死体が発見された。地元FBIの要請で現場に駆けつけた検死官ジェシカ・コランは、手慣れた刃物の使い方をひと目見て、初めての犯行ではないと確信する。ジェシカが最後に挑むのは、最凶の犯人!

【著者紹介】
ロバート・ウォーカー : 1948年ミシシッピ州生まれ。シカゴで育ち、ノースウェスタン大学を卒業。79年から小説を発表し、著作数は40冊を超える。現在はウェスト・ヴァージニア州在住

瓜生知寿子 : 英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マック さん

    グロ満載。これでシリーズ最後とは、寂しい限り。でも読んだのはデビュー作とこれだけ、でも面白かったです。

  • さといも さん

    終わっちゃったぁ。凄く面白かったです。1作目から大好きで新刊が出るのを楽しみに楽しみにしてきたシリーズです。熱く語りたいけれどネタバレになってしまう…な。違う検屍官シリーズを好きな人にも読んでほしいなぁ。こっちの検死官はグロい事件しかしないけど…〔そこが私は大好きだ!〕

  • 對馬 正晃 さん

    割とすんなり終わってしまったという印象。良く言えば潔し、悪く言えば尻切れトンボ(苦笑)。検死や科学的捜査の描写がなかったのも残念。もうちょっと衝撃的な真相にしてもよかったのでは?同作者の「ルーカス・ストーンコート」シリーズの訳出を願います。

  • tai65 さん

    星4つ

  • takogon さん

    最終話。上下巻にする必要はないと思うけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品