ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ

人物・団体ページへ

LPレコード 輸入盤

Disney Goes Classical (アナログレコード)

ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ

基本情報

カタログNo
:
0724246
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

1946年に創設されイギリスでは「女王陛下のオーケストラ」と呼ばれる名門ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を中心に、マッテオ・ボチェッリ、グラミー賞を4度受賞しているアメリカのソプラノ歌手ルネ・フレミング、日本を代表するクラシック・ギタリスト村治佳織など名だたるアーティストが参加した豪華なディズニー・クラシカル・アルバム。

ディズニー映画の黄金期から、1990年代のルネサンス期を経て、CGIアニメーションの近代までの、誰でも知っているディズニー映画音楽の数々を収録。『ジャングル・ブック』『ピノキオ』から、アラン・メンケンによる『ポカホンタス』『リトル・マーメイド』『アラジン』そして『ヘラクレス』まで、80年に及ぶディズニーの魔法が、素晴らしいシネマティックサウンドで、新たに生まれ変わる。
マッテオ・ボチェッリは、ディズニーの『くるみ割り人形と秘密の王国 (The Nutcracker and The Four Realms)』のエンドソング「フォール・オン・ミー」で父親であるテノール歌手アンドレア・ボチェッリとデュエットした事でも話題となった。また、ルネ・フレミングは「ディズニー映画にはいくつもの素晴らしい楽曲がありますが、その中でも、私が思う特に象徴的な1曲が「星に願いを」です。弧を描くような美しいメロディ、そして、歌うのに必要な声域のなんと広いことか。意外かも知れませんね、だって『ピノキオ』の中で歌っていたのは、こおろぎのジミニー・クリケットだったんですもの。でも、ジミニー役の声優と歌を担当したクリフ・エドワーズは、実はヴォードヴィルの舞台に立ち、ジャズやスキャットまで歌っていた人気レコーディング・アーティストだったのです。この曲が持つ魔法にも似た効力、その希望に満ちた「夢は叶う」というメッセージは、今、誰もが必要としているメッセージなのではないかと思います」と語っている。

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

  • 01. メインタイトル 〜『メリー・ポピンズ』
  • 02. How Far I’ll Go 〜『モアナと伝説の海』
  • 03. ホール・ニュー・ワールド 〜『アラジン』
  • 04. 愛を感じて feat.マッテオ・ボチェッリ 〜『ライオン・キング』
  • 05. 夢まであとすこし 〜『プリンセスと魔法のキス』
  • 06. ゴー・ザ・ディスタンス 〜『ヘラクレス』
  • 07. カラー・オブ・ザ・ウィンド 〜 『ポカホンタス』
  • 08. ホエン・シー・ラヴド・ミー feat. THE OPERA MEN 〜『トイ・ストーリー2』
  • 09. ベア・ネセシティ 〜『ジャングル・ブック』
  • 10. パート・オブ・ユア・ワールド feat.村治佳織 〜『リトル・マーメイド』
  • 11. 美女と野獣 〜『美女と野獣』
  • 12. 輝く未来 〜『塔の上のラプンツェル』
  • 13. レット・イット・ゴー feat.クリスチャン・リ 〜『アナと雪の女王』
  • 14. リフレクション 〜『ムーラン』
  • 15. 星に願いを feat.ルネ・フレミング 〜『ピノキオ』

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品