レスター・R・ブラウン

人物・団体ページへ

レスター・ブラウン自伝人類文明の存続をめざして

レスター・R・ブラウン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784948754478
ISBN 10 : 4948754471
フォーマット
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
309p;21

内容詳細

自伝を書くということは、多くの問いかけをするということです。私は何者な なにを成し遂げたのか? だれが、どのような状況が、人としての私の成長に影響を及ぼしたのか? どうやって、私はいまの地点にまで到ったのだろうか? なぜ、私はこの本を書いているのだろうか?

著者
ブラウン,レスター
1934年、ニュージャージー州生まれ。ラトガーズ大学、ハーバード大学で農学・行政学を修める。農務省にて国際農業開発局長を務める。74年、地球環境問題に取り組むワールドウォッチ研究所を創設。84年には『地球白書』を創刊。2001年5月、アースポリシー研究所を創設して所長に就任。『エコ・エコノミー』『プランB』『食料不足を迎える21世紀の新地政学』などを発表。94年、旭硝子財団よりブループラネット賞受賞。2006年5月、一橋大学より名誉博士称号を授与される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【著者紹介】
レスター・ブラウン : 1934年、ニュージャージー州生まれ。ラトガーズ大学、ハーバード大学で農学・行政学を修める。農務省にて国際農業開発局長を務める。74年、地球環境問題に取り組むワールドウォッチ研究所を創設。84年には『地球白書』を創刊。2001年5月、アースポリシー研究所を創設して所長に就任。『エコ・エコノミー』『プランB』『食料不足を迎える21世紀の新地政学』などを発表。94年、旭硝子財団よりブループラネット賞受賞。2006年5月、一橋大学より名誉博士称号を授与される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬縁冊 さん

    2013年初出。大きめの活字で読みよい。自伝を書くのは自身の精神分析を行うようなもの(C頁)。振り返れば、官僚的形式主義に対しては反発心があったのでしょう(5頁)。貧しいながらも堅実な農家に育つ(第2章)。人生の転機は1965年の秋。アメリカ国際開発局で働く(100頁)。『地球白書』は、環境問題と人口、自然資源、技術、国際関係の他の問題をつなぐ総合的研究が強く求められていた時期に創刊(172頁)。時宜を得た本。

  • Eiji Mitachi さん

    地球環境分野の世界的リーダーが80年の人生を振り返った本。貧しい境遇のなか、弟と2人でトマト農場を切り盛りし、貯めたお金を弟に持たせてトラクターを買いに行かせたのが著者17歳、弟14歳のとき。そのトラクターを8歳の妹が運転した。農務省職員として派遣されたインドで飢饉を事前に予測し、八面六臂の立ち回りで1000万トンの穀物を1年でインドに運び込んだのが30歳のとき。年季の入ったミニマリスト的生活、祝福された家庭生活、10マイル走の80歳以上の部で米国ランキング2位など、無私の人生が活き活きと描かれている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

レスター・R・ブラウン

1934年、米ニュージャージー州生まれ。1974年ワールドウォッチ研究所を創設。また2001年5月、環境政策のビジョンを提示する新しい研究機関としてアースポリシー研究所を設立、所長に就任。「環境的に持続可能な発展」の概念「プランB」を提唱、環境問題のオピニオンリーダーとして活躍した

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品