レオポルト・フォン・ザッヘル・マゾッホ

人物・団体ページへ

残酷な女たち 河出文庫

レオポルト・フォン・ザッヘル・マゾッホ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309462431
ISBN 10 : 430946243X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年05月
日本
追加情報
:
15cm,299p

内容詳細

マゾヒズムの語源としてあまりに有名な『毛皮を着たヴィーナス』の作家ザッヘル=マゾッホのおびただしい長短編小説の中から、軽妙な滑稽味と不気味さを兼ね備えた珠玉の短編八作を収める『残酷な女たち』。そのほか、女帝マリア・テレジアが主人公の『風紀委員会』、異様で奇怪ながらも伸びやかな語り口で美女と醜男を御伽話のように見せる『醜の美学』。

【著者紹介】
レーオポルト・フォン・ザッヘル=マゾッホ : 1836‐95年。オーストリアの東端、帝室領ガリツィア生まれの作家。マゾヒズムの語源を促した『毛皮を着たヴィーナス』(1870)のほか、『密使』『ガリツィア物語集』『コロメアのドン・ジュアン』など、故郷ガリツィアや東欧を舞台にした多数の歴史小説を残した

池田信雄 : 東京大学教授

飯吉光夫 : 東京大学大学院卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    面白かったです。タイトルとは結びつかない短編の数々。清々しくたくましい女性たちの軽妙で滑稽な物語に魅せられました。何処となく不気味な味もありますが、マゾヒズムの語源とは思えない爽やかさがあります。変態的な物語を想像していたので見事にいい意味で裏切られました。

  • syaori さん

    『風紀委員会』のみ再読。生まれ故郷のウクライナの大地を思わせる場所が舞台の作品が多いなか、これは珍しく都会的で小洒落た作品だと思っています。風紀の頽廃を戒めるため女帝マリア・テレジアが組織した風紀委員会が幅をきかせるウィーンである晩、女帝が艶福家の皇帝(夫)に似た男が女の家に入るのを見てしまったのが事の発端。立場も身分も様々な3組のカップルに風紀委員会の長官までもが絡んで巻き起こる華やかな狂騒はとにかく楽しくて、終幕のセリフも気が利いていてとても好き。でも皇帝はこれからも女帝一筋とはいかないのでしょうね!

  • ひろし さん

    ちょっと読むのに苦労したけど中々面白かった。とくに最後の「醜の美学」が良かったかな。決して今で言う「マゾ」から連想される変態的な物語ではない。

  • ほしの さん

    愉快なコメディ。毎度の「毛皮の美女」が絶対的な存在のため、お話は割と観念的⁈

  • ArenasR さん

    かのマゾッホでタイトルも『残酷な女たち』とくれば,ちょっと電車の中で読むときにはカバーでも掛けておく方がいいのかしらん...とか思いながら,マゾッホ初挑戦.が,全くそんな(勝手な)イメージとは違って,すがすがしく勇ましい女たちの,なんとも痛快な生きざまに爽やかに酔えます.『風紀委員会』の,いかにも舞台に合いそうなコメディタッチと大団円.『醜の美学』も,その名のとおりの小道具がぴりっと効くこと.これはマゾッホ,優れたストーリーテラーとして覚えておかねば.そして一応『毛皮を着たヴィーナス』も読まねばね...

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品