レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上 岩波文庫

レオナルド・ダ・ヴィンチ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003355015
ISBN 10 : 4003355016
フォーマット
出版社
発行年月
1978年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,293p

内容詳細

レオナルド(1452‐1519)こそ「万能の天才」そのものである。彼は何よりも「モナ・リザ」「最後の晩餐」などの傑作を残した画家であり、彫刻家・建築家であり、また天文学・物理学の造詣も深かった。その天才が残した厖大なノートから、わかりやすい文章を選び2冊に編集する。(上)には『絵画論』『人生論』『文学論』を収める。

目次 : 人生論/ 文学(寓話/ 笑話/ 動物譚/ 予言 ほか)/ 「絵の本」から(絵画と他の芸術との比較/ 画家の生活と勉強/ 遠近法/ 解剖 ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 月世界旅行したい さん

    75ページ:便所は待つな、ためらうな。

  • touhu@レポートに埋もれています さん

    おぉ....まさかの下ネタ...ちょっといやかなりビックリしました。前髪を掴め!!後ろ髪は禿げてるって言葉ちょと笑ってしまった。文学編はよく分かりません。絵画編はとても興味深い内容です。

  • 亮さん さん

    読み終わり。感想は下巻に。

  • 吾等喜寿哲雄 さん

    難解で理解能わず

  • グーテンベルク さん

    旧字体のためすべての意味は理解できなかった。それでも「究極の天才:ダヴィンチ」のイメージが覆るような新たな発見ができる本であった。膨大な知的好奇心を持つダヴィンチであったが、ユーモアに富んだ揶揄や寓話が私の中のダヴィンチ像を変えてくれた。どこか親しみを感じる「変人のおじいさん」という印象を本書がもたらした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

レオナルド・ダ・ヴィンチ

1452〜1519。イタリアの芸術家。幼少期に正当な教育を受けず自由奔放な暮らしをしていたが、14歳から画家を目指し、フィレンツェの工房に弟子入りする。独立以降は仕事を求めて各地を点々とするが、絵画のほかにも彫刻、建築、科学などに通じ、万能の天才と称される。その精巧な絵画はルネサンスを代表する作品と

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品