レイ・ブラッドベリ

人物・団体ページへ

筋肉男のハロウィーン 13の恐怖とエロスの物語2 文春文庫

レイ・ブラッドベリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167136192
ISBN 10 : 4167136198
フォーマット
出版社
発行年月
1996年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
351p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くさてる さん

    恐怖とエロスのアンソロジー。はるか昔に既読だったのだけど、ブラッドベリ以外は覚えておらず、リサ・タトルの名前に気づいて再読したのでした。肝心のタトルの作品は、フェミニズム的に深読みできそうな血みどろもので面白かった。それ以外では、サラ・スミス「赤い嵐に襲われて」が直球の吸血鬼ものなんだけど、どこかハーレクイン的なロマンス性もあって印象に残りました。

  • かめたろう さん

    エロスをうたってはいますが、そんなにどぎつくないので安心して読めます。ブラッドベリ、マッケン、バラード、など有名どころがズラリ。全部面白かったけど、好きなのはバラードの「妄想のとりこ」とドイルの「寄生体」。自分で自分をコントロール出来なくなることほど怖いことはありませんね(笑)

  • sin さん

    どの短編も他のアンソロジーで読んでいたらエロスは感じない、というかそれは前作にもいえる事だが少なくともエロスを主題にした物語は少なかった。たまたまホラーにエロスがスパイスとして加味されたものという感じ、この巻は特に編者の意図が前書きによって押し付けられた感じで、ちょうど巻末の「寄生体」のよう、どこの国でも柳の下の泥鰌ということか

  • ハルバル さん

    ホラーに性的要素を持ち込んだ先駆者とされるマッケンはさもありなんという感じだが、コッパードの作品のどこがエロスなのかは首を捻る(虎の皮を被る男というモチーフがある種の倒錯に近いということか?)あとはコナン・ドイルの超能力物が思わぬ拾い物かな。ストーカーに付け狙われる恐怖でもあり、女はいつの時代でもイケメンには弱いんだなぁと(笑)「倒錯者」は当時としては過激だったと思う。プレイボーイは今でこそポルノ雑誌というイメージが強いけど、意外と挑戦的な作品を掲載させる懐の深さのある雑誌だったんだね。

  • 更紗蝦 さん

    直接的なホラー描写やエロ描写のある作品はごく一部で、ほとんどは「匂わせている」というレベルです。そこはかとなく怖い(orエロい)話を読みたい人におすすめです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

レイ・ブラッドベリ

1920年、アメリカのイリノイ州に生まれ、1934年にカリフォルニア州へ移住。少年時代からSFを耽読し、1941年にヘンリー・ハースとの共作「振り子」で商業誌デビュー。その後、独特の流麗な文体により“SFの叙情詩人”と呼ばれるまでになる。2004年、アメリカの芸術家にとって最大の栄誉であるナショナル

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品