レイ・ブラッドベリ

人物・団体ページへ

猫のパジャマ 河出文庫

レイ・ブラッドベリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463933
ISBN 10 : 4309463932
フォーマット
出版社
発行年月
2014年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
中村融 ,  
追加情報
:
347p;15

内容詳細

「あたしは猫好きなの」「ぼくだってそうさ」―仔猫を拾った見知らぬ男女の出合いをめぐる、最高のラブストーリー「猫のパジャマ」をはじめ、初期の傑作「さなぎ」他、人生の断片を描いたスケッチ、SF、奇譚など、巨匠ブラッドベリのすべてが詰まった短篇集。絶筆となった自伝的エッセイ「連れて帰ってくれ」を特別収録。

【著者紹介】
レイ・ブラッドベリ : 1920‐2012年。米国イリノイ州生まれ。1950年『火星年代記』で、SF作家としての文名を確立。以後はジャンルを超えた活躍で、現代アメリカ文学を代表する作家となり、宇宙時代の抒情詩人と呼ばれた。O・ヘンリー賞、世界幻想文学大賞、ピューリッツァー賞など受賞多数

中村融 : 1960年生まれ。翻訳家・アンソロジスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    タイトルの『猫のパジャマ』は、スラングで(アメリカ起源という人とイギリスという人とあり)「素晴らしい人やモノ」とのこと。本書は83歳のレイ・ブラッドベリ自選のショート・ストーリーズ。1946年〜2004年に書かれた21の作品群である。いずれも短いだけに、深い味わいの読後感とはいかないが、それなりに軽妙なブラッドベリを味わえる。もともと彼の作家としての出発点は、こうしたところにあったのではないかと思わせる。好みによるが、私は篇中では巻頭の「さなぎ」と表題作を採る。

  • tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。 さん

    ☆5.0 拾った子猫の所有権をめぐって争う事となった男女の出会いを描いたラブストーリー『猫のパジャマ』 をはじめ、SFや奇譚などブラッドベリのすべてが詰まった極上の短篇集。

  • MICK KICHI さん

    短編集。さなぎ◎ まさしく、オロスコ! シケイロス、然り!◎ 屋敷◎ 猫のパジャマ◎ マフィオーソ・セメント・ミキサー◎ 趣味の問題◎ ショートショートのようなワンアイデアに、ブラッドベリの奇妙さ、ノスタルジーをまぶした作品群。猫のパジャマは珠玉。シチュエーションの鮮やかさが映像を観ているよう…。あり得ないけど、人生の不思議さに打たれる。本の冒頭、猫のパジャマの言葉の意味が紹介されます。

  • chantal(シャンタール) さん

    【第167回海外作品読書会】こんな可愛い題名、可愛い表紙に騙されてはいけない!思わず背中がゾクゾクっとするお話がこれでもかと詰め込まれている。アメリカの文化や歴史に詳しくない私にはよく理解出来ない話もあるのだが、怖さだけは十分伝わってくる。この短編集は、作者御年83歳の時の作品。でもずっと若い頃に書いてお蔵入りしていた作品と半々の割合。でも、その区別がつかないくらい、50年の隔たりも感じずどのお話も完成度が高い。そんなにSFが好きなわけではない私でも、ブラッドベリはまた読みたいと思ってしまう作家である。

  • ジンジャー(C17H26O4) さん

    表題作。いい話だ。飼い猫を喪ったばかりの男と女が同時に1匹の捨てられた仔猫に出会い、同時に手をのばす。「あたしは猫好きなの」「ぼくだってそうさ」あたしの猫よ。ぼくの猫だ。互いに自分が飼い主になるのだと主張して譲らない。どれだけ自分が猫好きなのか、2人が言い合っているのを読んでいるだけでなんだかにこにこしてしまう。2人の名前にもにんまり。そして猫のパジャマ!これにはとっても和む。月が天井へ降りて、陽が昇って。そして決着。心が平和になる。ほんといい話なのだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

レイ・ブラッドベリ

1920年、アメリカのイリノイ州に生まれ、1934年にカリフォルニア州へ移住。少年時代からSFを耽読し、1941年にヘンリー・ハースとの共作「振り子」で商業誌デビュー。その後、独特の流麗な文体により“SFの叙情詩人”と呼ばれるまでになる。2004年、アメリカの芸術家にとって最大の栄誉であるナショナル

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品