レイ・ブラッドベリ

人物・団体ページへ

塵よりよみがえり 河出文庫

レイ・ブラッドベリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309462578
ISBN 10 : 430946257X
フォーマット
出版社
発行年月
2005年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,257p

内容詳細

小高い丘に建つ一軒の屋敷。住む者は、ミイラのおばあちゃん、心を自由に飛ばす魔女セシー、鏡に映らない夫婦、たったひとりの人間の子ティモシー。いまここで、魔力をもつ一族の集会がはじまる。そして、何かが変わる日もまた近い…ファンタジーの巨匠が五十五年の歳月をかけて完成させた、とても特別な物語。

【著者紹介】
レイ・ブラッドベリ : 1920年、イリノイ州生まれ。アメリカを代表する幻想作家。47年、処女短編集『黒いカーニバル』刊行、50年『火星年代記』にて世界的名声を得る

中村融 : 1960年生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    ナポレオンが手を貸した。ナイルのほとりで砂と埃にまみれた棺が目を覚ます。次々と。彼らは、パリへ、ロンドンへ、そしてアメリカの中部をめざす。風化してしまう寸前のミイラたちが、夜の風にのって、世界中からある家に向かうのが見えた。強い風の音が聴こえた。これは、ハロウィンの頃に読めばよかったな。

  • KAZOO さん

    レイ・ブラッドベリのファンタジー系統の物語だと思います。ハロウィンの時期のものだと感じます。少年と何かわからない超自然的なものとの物語で連作ものです。読んでいて何かほんのりとする気がします。また再読したい気がします。

  • S さん

    <エリオット一族>シリーズとして発表されてきた短編を収録したもの。イリノイ州に建つ魔物たちが住む屋敷に一族が集い、直面する危機について話し合う。心を飛ばせる少女や、空を飛ぶ男など、摩訶不思議な人々が大勢出てくる物語群。どれも短いが、まさに「幻想小説」と呼ぶにふさわしいものばかり。書いてあることは理解できる、けれどそれが何なのか上手くつかめない。まるで他人が眠りながら見ている夢を覗いているかのような浮遊感。ハロウィンのころ、もう一度読んでみたい。

  • ぜんこう さん

    既読の短編も含まれてたのに、あとがきを読むまで気づかなかった。 過去に書かれた短編に新たな短編を加えて一つの物語に・・・ブラッドベリ80歳くらいの時の作品(*_*) セシーやアイナーおじさんなど魅力的な人物(?)も出てきて、映像で見てみたくなる。

  • 酢橘 さん

    表紙のイラストに惹かれて購入。ノスタルジックな雰囲気が漂うファンタジー。ハロウィンの晩に、小高い丘に建つ一軒の屋敷で集会が開かれる。一族の者達は皆魔力を持っている。ミイラのおばあちゃん、心を世界中のどこにでも飛ばす魔女、鏡に映らない夫婦、背中に羽がはえているおじさん…。一族で唯一の人間であるティモシーは、一族の仲間になりたいという思いに囚われ、苦悩することとなる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

レイ・ブラッドベリ

1920年、アメリカのイリノイ州に生まれ、1934年にカリフォルニア州へ移住。少年時代からSFを耽読し、1941年にヘンリー・ハースとの共作「振り子」で商業誌デビュー。その後、独特の流麗な文体により“SFの叙情詩人”と呼ばれるまでになる。2004年、アメリカの芸術家にとって最大の栄誉であるナショナル

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品