レイ・ブラッドベリ

人物・団体ページへ

とうに夜半を過ぎて 河出文庫

レイ・ブラッドベリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463520
ISBN 10 : 4309463525
フォーマット
出版社
発行年月
2011年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,471p

内容詳細

海ぞいの断崖の木にぶらさがり揺れていた少女の死体を乗せて、闇の中をひた走る救急車が遭遇する不思議な恐怖を描く表題作ほか、SFの詩人が贈る、とっておきの21編。

【著者紹介】
レイ・ブラッドベリ : 1920年イリノイ州生まれ。50年の『火星年代記』でSF作家として文名を確立する。以後はジャンルの枠にとらわれない活躍を見せ、国民的作家に成長した

小笠原豊樹 : 1932年生まれ。翻訳家、詩人、小説家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ざるこ さん

    22篇バラエティに富んだ個人的物語の数々。生き甲斐そっち?の「青い壜」不思議な力で平和が「木製の道具」火星のキリスト「救世主」偽物ヒトラー「いとしいアドルフ」などウィットに長けて好き。せつない「非の打ち所ない殺人」「ある恋の物語」「ジェイミーの奇蹟」タイムスリップ火星で原稿「永遠と地球の中を」あぁ楽しい。表題作は不穏な空気が一転する結末。1頁目が不吉なのに素晴らしく美しい表現と文章で感動。一番のお気に入り一文「日照りの中の幕間」から「私、値切ってると凄いあばずれになった気分になるの」なんかわかるしうける。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    「木製の道具」の臨機応変さにあっと言わされ、「愛おしいアドルフ」はヒトラーに文句を言う映画関係者の罵倒が可笑しいのですがラストでプロパガンダが成功していたと薄々、気づく場面はぞっとします。「十月のゲーム」が怖いです。「板チョコ一枚おみやげです!」に聖体拝領よりも生命そのものであると位置づけられたチョコレートが食べたくなります。「日照りの中の一幕」は夫婦だからこその生まれるつけ上がりと惰性に対しての苛立ちとそれでも離れられない妻の刻一刻と変化する機微の描写に唸るしかありません。

  • 日向とわ さん

    「なんとか日曜を過ごす」が一番好き。ブラットベリ良い。何で今までよまなかったんだろう。何となくブラットベリを湿っぽい話みたいに勘違いして思い込んでたからな。今まで読まないでごめんなさい。読みますよ〜これから

  • 波璃子 さん

    秋といえば、10月といえば、ブラッドベリ。不気味でちょっとゾクゾクさせられる作品や、爽やかな風が心地よい作品など色々なテイストの作品が味わえる作品集。分厚く見えるけれどあっという間で、もっとゆっくり読めばよかったと後悔する。

  • ぜんこう さん

    22編の不思議な(?)話。SFっぽいのはわずかだけど、代表作が「火星年代記」であるように、作者は火星が好きなんだな、と思う。SFよりも、最後にゾクっとするちょっと怖い話や、ちょっと笑っちゃいそうな話。最後の「板チョコ一枚おみやげです!」は読んだ後、チョコレートを食べたくなりました(^^) 短編とはいえ22編もあると、読むのに疲れました(^^;)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

レイ・ブラッドベリ

1920年、アメリカのイリノイ州に生まれ、1934年にカリフォルニア州へ移住。少年時代からSFを耽読し、1941年にヘンリー・ハースとの共作「振り子」で商業誌デビュー。その後、独特の流麗な文体により“SFの叙情詩人”と呼ばれるまでになる。2004年、アメリカの芸術家にとって最大の栄誉であるナショナル

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品