レイモンド カーヴァー

人物・団体ページへ

レイモンド・カーヴァー傑作選

レイモンド カーヴァー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784120023880
ISBN 10 : 4120023885
フォーマット
出版社
発行年月
1994年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
320p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MINA さん

    「でも相手に伝えられない何かが残った。彼女はなんとかそれを言葉にしようと、しばらくのあいだ試みていたが、結局はあきらめることになった。≪ダンスしないか?≫」村上春樹の著作はほぼ全部読んでるものの、訳本にはまだ目を通したことが無かった。最近、いくつか翻訳小説読んでる中で著者の名が出てきていたりしたのでどんなものなんだろう?とついに手を取ってみた。村上春樹がすごく影響を受けているのがありありと見てとれた。この短編の後味は彼そのものだ、と思ってしまったくらい。≪ささやかだけれど、役にたつこと≫が一番好きかな。

  • 吉野ヶ里 さん

    主体の切り替えが上手い。心情について深くは踏み入らないのに、なにかが響いて来るのはすごいと思う。「サマー・スティールヘッド」「大聖堂」「ぼくが電話を掛けている場所」「ささやかだれど、役にたつこと」が好き。どれも言葉では表現出来ない部分を行間で上手く表現しているように思われる。恐らく実感をともなった現実描写の行間にだけ言葉にできないことは宿るのだ。こんな作品が書けたら、きっと楽しんだろうな。村上春樹が大好きな作家なので、読んだのだが、確かによかった。ただ、ピンと来ない作品についてはあまり楽しめなかった。

  • みり さん

    不条理系の物語はあまり読みなれていなかったが、カーヴァーは好みにあっていたようで一気に読んでしまった。自分には起こらないと思われる設定でも、悲しみややるせなさなど、共感を覚えて読めたことが不思議だ。村上春樹の訳者後書きにあった「人生においても翻訳においても、間違いを根絶することは不可能に等しい」という言葉が何気にツボ。

  • ophiuchi さん

    この本を手にしたのは初めてだけど、ほとんど既読。どの短編も印象的でしたが、やっぱり「ささやかだけれど役に立つこと」にぐっと来ました。

  • ふーか4 さん

    50歳で亡くなったカーヴァー氏の短編集を、村上氏が翻訳してる。もう少し長く読みたいものもある。波乱に満ちた人生を送られたカーヴァー氏の、長編もいつか読みたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

レイモンド カーヴァー

1938年、オレゴン州生まれ。製材所勤務、病院の守衛、教科書編集などの職を転々とするかたわら執筆を始める。76年刊行の短篇集『頼むから静かにしてくれ』が全米図書賞候補、83年刊行の同『大聖堂』が全米批評家協会賞及びピュリッツァー賞候補となる。その独特の味わいの短篇作品はアメリカ文学界に衝撃を与え、後

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品