レイモンド・チャンドラー

人物・団体ページへ

高い窓 ハヤカワ・ミステリ文庫

レイモンド・チャンドラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150704650
ISBN 10 : 4150704651
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
追加情報
:
415p;16

内容詳細

私立探偵フィリップ・マーロウは資産家の老女に呼び出された。行方をくらませた義理の娘リンダを探してほしいとの依頼だ。極めて貴重な金貨をリンダが持ち逃げしたと老女は固く信じているのだが…。老女の息子や秘書の振る舞いからは、なにやら裏がありそうな気配が窺える。マーロウは調査を始めるが、その行く手に待ち受けていたのは、脅迫と嘘、そして死体―二度の映画化を果たしたシリーズ中期の傑作。待望の新訳。

【著者紹介】
レイモンド チャンドラー : 1888年シカゴ生まれ。1933年に短篇「ゆすり屋は撃たない」で作家デビューを飾る。1939年には処女長篇『大いなる眠り』を発表。1953年に発表した『ロング・グッドバイ』(以上早川書房刊)で、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀長篇賞に輝いた。1959年没。享年70

村上春樹 : 1949年生まれ、早稲田大学第一文学部卒、小説家・英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    『大いなる眠り』『さらば愛しき人』を読まずに、チャンドラーの初読みがこの作品となれば、マーロウのシリーズに興味は出なかったかもしれない。解説で示されてあるように些かご都合主義が気になる。また村上春樹の訳は大変に読みやすいが、マーロウがいかにタフかということが示されるあたりの言い回しが時にぎこちなく感じた。訳者が原作に対して、特に原作のある部分に対して想いが強いとこうなってしまうのかもしれない。精神を殺されていく者たちへのあわれみは、美しく不幸な女性へのかなわぬ恋より、読者の心を惹きつけにくいのだろうか。

  • サンダーバード@読メハイキング部・温泉班鳥 さん

    年老いた未亡人からのマーロウへの依頼は息子の嫁が盗んだという希少金貨を見つけて取り戻すこと。だが調査を開始したマーロウの周りに殺人事件が発生。果たして何が起こっているのか?村上春樹さんの比喩とか分体は好きなのだけれど、散りばめた伏線を回収しないというか広げた風呂敷を畳まないストーリーがイマイチ合わない。だったら彼が翻訳した本を読んだらいいんじゃない?と読み始めた一冊。確かにマーロウのちょいと気障な台詞に村上春樹はぴったりだ。え?旧訳と比べてどうかって?すみません、四半世紀ぶりなので忘れました。★★★

  • つねじろう さん

    素直な気分の時はチャンドラーの中でどれが好きかと聞かれるとこの本と答える。すると大体せめてリトルシスターとか言ってくれよみたいな感じになる。ビルエバンスのアルバムでアンダーカレントが一番好きだと答えた時のように。どんな所が良かったって聞かれると一番それらしいからと答えると思う。で村上春樹の訳が合うだろなぁて思ってて当たりだった。ほぼ全員が嘘を語るなか探偵らしく仕事するマーロウ。登場人物達のキャラ立ちもシャープで彼の饒舌を良い具合に引き出す。刑事とエレベーターのオッチャンが好き。

  • かえで さん

    フィリップ・マーロウシリーズ3作目。消えた高価なコイン、それを所有者である資産家の老女、そしてその昔、高い窓から落ちて死んだ資産家の全夫…それらにマーロウがスタイリッシュにハードボイルドに挑む。前2作にあったドライブのかかった勢いは後退してしまっているけどミステリーとしては前作よりよく出来ている。チャンドラーはプロットが…という批判を払拭。ストーリーもマーロウのキャラクターも一貫していて良い。脇役たちの描写も相変わらず○。シリーズでは影が薄いけど、楽しめた一作です。マーロウの「粋」な台詞に惚れ惚れしますね

  • 優花 さん

    初レイモンド・チャンドラー。あんまり面白くなかった。退屈と言えばいいのか。会話や行動が、いちいちこねくり回すみたいな、無駄な説明付き、というか。ウィットに富んだ会話なのかもしれないけど、そんなことより、チャッチャッと話を、進めて〜と思いながら読んだ。殺人事件が起こってからは少しばかりテンポがよくなったような気はしたけど。よく頑張って読んだな〜。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品