レイチェル・ボーデン

人物・団体ページへ

ピーターラビットのクリスマス 25の物語のアドベント

レイチェル・ボーデン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579404841
ISBN 10 : 457940484X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
142p;27

内容詳細

ピーターラビットはわくわくしています。だって、もうすぐクリスマス!雪ウサギを作って、クリスマスのごちそうをいただいて、プレゼントの用意もしなくちゃ…。ピーターは、クリスマスのある12月が大好きです。この物語は12月を楽しむのにぴったり。アドベントカレンダーをめくるように1日ごとに1章の心あたたまるお話が書かれ、家族や友だちといっしょにする遊びが紹介されています。

目次 : 12月1日 アドベント・カレンダー/ 12月2日 クリスマスのお散歩/ 12月3日 クリスマスツリーのボーブル(オーナメント)/ 12月4日 サンタさんへの手紙/ 12月5日 雪模様のオーナメント/ 12月6日 松ぼっくりのクリスマスカード/ 12月7日 ミンスパイ/ 12月8日 つながっている紙ウサギ/ 12月9日 コラージュでお絵かき/ 12月10日 クリスマスキャロルを歌ってみましょう〔ほか〕

【著者紹介】
長友恵子 : 翻訳家、エッセイスト。『中世の城日誌』(岩波書店刊、第51回産経児童出版文化賞JR賞受賞)など。紙芝居文化の会運営委員、JBBY(日本国際児童図書評議会)会員、やまねこ翻訳クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • buchipanda3 さん

    ピーターとその家族がクリスマスを迎えるまでの日々を描いた絵本。副題にアドベントとある通り、12月1日から日めくりのように毎日一篇ずつ、全部で25話のショートストーリーが披露される。なので、いたずら好きなピーターの愛らしい活躍?!ぶりをたっぷりと満喫できた。氷の上でフラフラとスケートする姿やベンジャミンとカブを引き抜こうと踏ん張る姿にふふっと。妹たちとの外遊びはハラハラしたり楽しかったり。物語の他にクリスマスの準備も紹介され、その細かい工夫に感服。物語にも準備にも心のこもった思いが詰まっていたのが良かった。

  • Yuu I さん

    クリスマスまでの25日のお話。合間に手作りのカードやプレゼントのアイデアが盛り込まれていて、日本のお祭り気分との違いを感じる。自分の出来る、ささやかなプレゼントを考える楽しさが伝わってくる。

  • せしる さん

    表紙のかわいさに思わず手にとりました。1日1話ずつ読みます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品