この商品の関連特集

Blu-ray Disc

ルパン三世 カリオストロの城 [4K ULTRA HD]

ルパン三世

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VPWT71731
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
監督
:
音楽
:
シリーズ
:

内容詳細

日本が誇る名匠・宮崎駿の映画初監督作品。世界中に熱狂的なファンを持つ傑作が、待望の4K ULTRA HDで登場!

<4K UHD仕様>
仕様:1枚組(本編100分)/カラー/ビスタ/日本語リニアPCM ステレオ2.0ch/5.1ch 2017Remix/H.265/2層66GB/4K 3840×2160p/日本国内向/1979年劇場公開作品

<特典>
【映像特典】
・4K HDR・4K SDR比較映像
・『ルパン三世 カリオストロの城』スポット集 他

【封入特典】
・スペシャルブックレット

※内容・仕様等は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

<スタッフ>
原作:モンキー・パンチ
監督:宮崎駿/脚本:宮崎駿 山崎晴哉
製作:藤岡豊/作画監督:大塚康生
音楽:大野雄二
製作・著作:トムス・エンタテインメント

<キャスト>
ルパン三世:山田康雄/峰不二子:増山江威子
次元大介:小林清志/石川五ェ門:井上真樹夫
銭形警部:納谷悟朗/クラリス:島本須美
カリオストロ伯爵:石田太郎

<ストーリー>
国営カジノの金庫から大金を盗み出すことに成功したルパンと次元。車中、札束に囲まれていたルパンは、その札が「幻の偽札」とまで呼ばれるゴート札であることに気づく。国営カジノまでを汚染し始めたゴート札に興味を持ったルパンは、次のターゲットをゴート札の発信源、ヨーロッパの小国・カリオストロ公国に定める。
カリオストロ公国に潜入したルパンと次元は、花嫁衣装を着た少女が武装集団に追われているところに出くわす。
ルパンは追っ手を撃退し、少女を救おうとしたものの崖から落下して気を失い、その間に少女は別の一団にさらわれてしまう。
 その少女がルパンを介抱する際に使った手袋に残されていた指輪をみつけたルパンは、彼女がカリオストロ公国大公家の正統な継承者クラリスであることを思い出す。まだ泥棒として駆け出しだったころのルパンは名を上げるためにゴート札に手を出し、カリオストロ城で負傷。そのときに幼少時のクラリスに助けられていたのだった。
 7年前にクラリスの父である大公が死去して以来公国の実権を握るのは、大公の摂政だったカリオストロ伯爵。彼はクラリスを妻に迎えることで、実権のみならず公国を手中に収めようとたくらんでいた。クラリスはその結婚を拒絶し、ドレス姿のまま逃亡したのだった。
それを知ったルパンは、かつての命の恩人クラリスを救うために彼女が幽閉されている城の塔への潜入を計画。ルパンが伯爵に予告状を送りつけたことで、インターポールの銭形警部も公国入りし、ルパンvsカリオスロ伯爵の戦いの火蓋が切って落とされる。

劇場公開:1979年12月15日

原作:モンキー・パンチ ©TMS

巨匠・宮崎駿の初の監督映画『ルパン三世』シリーズの長編第2作。カリオストロ公国へやって来たルパン一行が大公家の姫・クラリスと出会い、彼女の救出と偽札の謎を明かすべく、大活躍を繰り広げる。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
17
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
★
最高傑作に間違いありません。 初めてルパ...

投稿日:2014/04/28 (月)

最高傑作に間違いありません。 初めてルパンに遭遇される方にはおすすめの作品です。 ルパンのこれがだめだの、あれが気に入らないだの、浮いてるだの。うるさいなぁ。批判する側は、自分の作品に何があるんだよ。 劇場公開当時、その新しい切り口でルパン三世を魅せた監督は凄いと素直に感じました。ルパンの魅力が全編に溢れています。

papa3023 さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
☆
☆
絵の仕上げや配色、キャラクターデザインは...

投稿日:2007/04/24 (火)

絵の仕上げや配色、キャラクターデザインは良くも悪くも監督の個性が出ています。モンキーパンチのルパンはもっとエロチックな感じがあり大人の雰囲気を感じます。あくまで宮崎アニメとして客観的に見れば最高と言うほどでないにしても、楽しめるし、及第点〜すばらしいの間くらいでしょう。

やぶにらみ さん | 埼玉 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
確かに綺麗に仕上がったアニメ。だけど何故...

投稿日:2007/02/08 (木)

確かに綺麗に仕上がったアニメ。だけど何故だか釈然としないな。世間が言うほどの名作?「クラリス姫と王子様」って作品として見るならまずまずかな。不二子ちゃんを強いだけのオバサン扱いしているのが最低!せめて衣装ぐらい色気が欲しかった。次元と五ェ門がクラリス姫にお礼の挨拶をされてポッと頬を赤らめるシーンには苦笑いしました。いかにも宮崎監督らしい幼稚な演出なんだもの。カリオストロ伯爵が不二子ちゃんに惚れてしまって…なんてくだりがあってもよかったんじゃないかな?やっぱり、「ルパンVSマモー」や「DEAD OR ALIVE」が素敵!

ぱぷりか さん | 兵庫県 | 不明

1

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

アニメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド