ルドルフ・フォン・イェーリング

人物・団体ページへ

権利のための闘争 岩波文庫

ルドルフ・フォン・イェーリング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003401316
ISBN 10 : 400340131X
フォーマット
出版社
発行年月
1982年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,150p

内容詳細

自己の権利が蹂躙されるならば、その権利の目的物が侵されるだけではなく己れの人格までも脅かされるのである。権利のために闘うことは自身のみならず国家・社会に対する義務であり、ひいては法の生成・発展に貢献するのだ。イェーリング(1818‐92)のこうした主張は、時代と国情の相違をこえて今もわれわれの心を打つ。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェルナーの日記 さん

    正義の女神は、右手に天秤を、左手に剣を持っている。これは、『正義(西洋における正義の概念は平等と同義語である。ただし平等とは結果の平等ではなく、機会の平等をいう)とは、闘って勝ち取るものである』とイェーリングは叫ぶ。題名からして、少々物騒なイメージが浮かぶと思う。しかし、内容は、法における各個人の受け止め方に警鐘を鳴らしたもの。法の下において、個人は平等であり、自らの権利を主張し勝ち取ろうとする運動は、自身の権利であると同時に義務でもある。そして、それが社会に対する権利であり義務でもあると主張している。

  • テツ さん

    権利のための闘争は自分自身への義務であり自分が所属する群への義務である。法哲学についての講演が主なのでぼくの足りない脳味噌では理解しきれない部分も多かったけれど心に刻まれた言葉も同じように多かった。法に則った権利は自然に与えられたものではなく先人が血塗れになりながら闘争して獲得した貴重な宝物だということ。それが侵されそうになったのなら自分や共同体を守るために戦わなければならない。自由や権利についてもっと真摯に考え貪欲に保持しなければならないよな。

  • 那由田 忠 さん

    20年ぶりに再読。『人権宣言論争』との関連で読んでいる。憲法に国民の権利が示されるのが当然という中で、客観的側面としての法制度(社会秩序)の維持と、主体的側面としての権利侵害との闘いの相互関連を強調する。独語では権利と法が同じRechtなので分かりやすくはあるが、日本的文脈では理解しにくいかもしれない。所有権などの私法上の権利侵害を漫然と見過ごすのは、法秩序破壊を許すことで許されないとの指摘は重要である。イギリス人がそういう点に細かいというのが面白かったし、古代ローマ法の話にも興味深いことが多かった。

  • masabi さん

    自身の権利が脅かされているときに泣き寝入りすることは自分が損するだけではなく国家共同体をも脅かすことになる。そのためにも積極的に訴訟で侵害をはねのける義務を負う。国家共同体のためとなっているが国家が不正を犯す場合は抵抗権に転換するのだろうか。訴訟により倫理的人格が回復するとあるのでおそらく転換するのだろう。

  • りん さん

    19世紀の本だが、現代でも基本的に通用するほど、示唆に富んでいる(特に倫理的生存条件の概念など)。学問的には法哲学の分野になるが、すべての人に一読をお勧めできる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品