CD 輸入盤

ピアノ四重奏曲、弦楽四重奏曲 Spiegel.sq、Michiels(P)

ルクー (1870-1894)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
64412662
組み枚数
:
1
レーベル
:
Mdg
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

夭折の天才、ルクーの繊細な抒情美に迫る注目盤!
ルクーの室内楽作品集。

 ピアノ四重奏曲はギョーム・ルクー(1870-1924 ベルギー)の遺作となった作品で、完成された第1楽章と未完成に終わった第2楽章(ダンディによって補筆完成)のみが残されています。
 またモルト・アダージョと弦楽四重奏曲は、作曲者がわずか17歳の学生時代に作曲された作品ですが、特に弦楽四重奏曲は、ベートーヴェンの後期四重奏曲に影響を強く受けた6楽章からなる大作で、ルクーの早熟の天才ぶりが発揮されています。
 このディスクがCDデビューとなるシュピーゲル四重奏団は、1996年にアントワープで結成された新鋭クァルテット。ヴィエニャフスキ、パガニーニ、エリザベート王妃など、多くのコンクール入賞歴を持つ日本人演奏家の川口エリサが第1ヴァイオリンを務めています。

ギョーム・ルクー:
■ピアノ四重奏曲 (未完)
■弦楽四重奏のためのモルト・アダージョ
■弦楽四重奏曲

ヤン・ミヒエルス(P)
シュピーゲル弦楽四重奏団
録音:2003年12月、バート・アロルセン

収録曲   

  • 01. Quartet for Piano and Strings
  • 02. Quartet for Piano and Strings
  • 03. Molto adagio sempre cantante e doloroso
  • 04. Quartet for Strings in D minor
  • 05. Quartet for Strings in D minor
  • 06. Quartet for Strings in D minor
  • 07. Quartet for Strings in D minor
  • 08. Quartet for Strings in D minor
  • 09. Quartet for Strings in D minor

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ルクーの作品をはじめて耳にした演奏といえ...

投稿日:2004/09/06 (月)

ルクーの作品をはじめて耳にした演奏といえば、グリュミオーのソナタが鮮烈な印象として今でも残っている。今回のような四重奏曲が聴けるのはすごく貴重なこと。よくまとまったアンサンブルで流れるような旋律のなかにキラリとした美しさが垣間見える。わが福岡出身の川口エリサが参加していることも嬉しい限り。

KURO さん | 福岡 | 不明

0

ルクー (1870-1894)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品