ルイズ・アームストロング

人物・団体ページへ

続・レモンをお金にかえる法 “インフレ→不況→景気回復”の巻

ルイズ・アームストロング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309243429
ISBN 10 : 4309243428
フォーマット
出版社
発行年月
2005年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

レモネードのおいしい町がレモンの不作に見舞われ、重大な経済危機に直面。経済を元気づけるためには…。コミカルな絵を楽しんでいるうちに、景気回復の仕組みがわかってしまう、大人も子どもも一緒に楽しめる絵本。

【著者紹介】
ルイズ・アームストロング : ニューヨーク市に生まれる。フレンズ・アカデミーやハンター大学付属高校など、いくつかの学校に通ったあと、パリで音楽を学ぶ。その後、週末にはマンハッタン島周遊船のツアーガイドをしながら、広告のコピーライターとして才能を発揮。彼女のガイドはとてもユニークで、乗客にとても人気があったとか。初めて書いた本は、『お子さまのためのフロイト入門』という愉快な本。ほかにも、若者や大人向けの数多くの著作がある

ビル・バッソ : ブルックリン育ち。工芸高校を卒業して、大学に一年在籍した後、イラストレーターの助手を4年務める。本業はイラストだが、漫画家としても活躍。現在はニュージャージー州に住む

佐和隆光 : 本職の京都大学研究所所長のほかに、いくつかの政府審議会の委員を兼任。とくに環境と経済のかかわりについて、積極的な著述活動を繰り広げている。もともとは、数学・統計学を駆使する計量経済学を専門としてきたが、最近では、活動領域の幅を広げて、日本経済の現状と課題、グローバリゼーション、そして子供の経済教育などについても論陣を張っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えちぜんや よーた さん

    不況対策として、新しい仕事をつくったり、資金の貸し付けを行ったりして 経済が回復すると説明されています。今の日本に置き換えると、「ホンマにそれだけで大丈夫か?」と思ったりしますが、ケインズ経済学のお手本としては、OKなのでしょう。他の考え方もいろいろあるとは思いますが、マクロ経済学を学習するときに最初に読む本として、おススメできると思います。

  • みゃーこ さん

    レモンをお金にかえる法のマクロバージョン。ほんとわかりやすくておもしろい。絵がかわいい。青年期に入った経済にケインズ経済は効果がない、とあとがきにあったけど、大切な概念をふわっと分かりやすく楽しく入り込めるほんとに良書。

  • p.ntsk さん

    マクロ経済の仕組みや現象をケインズ主義的政策を中心に説明しています。レモネードを売るお店をモデルに分かりやすいお話とイラストで紹介しています。

  • ユウユウ さん

    平易でわかりやすい。とりあえず新しい内閣に配ってみたらどうだろう?笑

  • Nobuko Hashimoto さん

    何年も前に買っていたのを発掘。インフレ→不況→景気回復の巻。巻末の佐和隆光先生の解説によれば、本書はマクロ経済の「仕組み」について理解するための「事始め」。ケインズ経済学にもとづいて書かれているが、ケインズ主義的政策が効くのは、経済をからだに例えると「青年期」の体までで、「中高年期」を迎えた日本経済の病気には効き目はなさそうとのこと(2005年新装版あとがき)。とはいえ、マクロ経済学の「基本中のキホン」を、5分か10分ほどで読める絵本にぎゅっと凝縮してあって、エッセンスをつかむにはとてもよい。おすすめ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品