リャトシンスキー、ボリス(1895-1968)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

交響曲第3番、交響的バラード『グラジナ』 キリル・カラビツ&ボーンマス交響楽団

リャトシンスキー、ボリス(1895-1968)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHSA5233
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


キリル・カラビツ CHANDOS第2弾!
ウクライナのボリス・リャトシンスキー!


2008年からボーンマス交響楽団の首席指揮者を務め、2016年にはヴァイマル・ドイツ国民劇場(Deutsches Nationaltheater and Staatskapelle Weimar)の音楽監督&首席指揮者にも就任し注目を浴びているウクライナの若きマエストロ、キリル・カラビツ。アゼルバイジャンのカラ・カラーエフの録音で話題を呼んだ「東欧からの声(Voices from the East)」。旧ソ連諸国の知られざる作曲家に捧げる新シリーズ第2弾は、指揮者&作曲家として活躍した父イワン・カラビツ[1945-2002]にオーケストレーションを教えたという20世紀前半ウクライナの作曲家、ボリス・リャトシンスキーの管弦楽作品。
 ソ連当局の反対を受け、フィナーレを書き直すまで初演されなかったという交響曲第3番。ポーランドの偉大な詩人アダム・ミツキェヴィチの没後100周年を記念して書かれた交響的バラード『グラジナ』。ロシアの伝統と19世紀後半西ヨーロッパのロマン主義を吸収し、表現主義やウクライナの伝統音楽など20世紀の近代主義運動の影響を受け独自の音楽を築いてきたリャトシンスキーの音楽を、キリル・カラビツの優れた解釈で贈ります。(photo by Sasha Gusov)(輸入元情報)

【収録情報】
リャトシンスキー:
● 交響曲第3番 Op.50
● 交響的バラード『グラジナ』 Op.58


 ボーンマス交響楽団
 キリル・カラビツ(指揮)

 録音時期:2018年5月15,16日
 録音場所:イギリス、ドーセット、プール、ザ・ライトハウス
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
リャトシンスキー3番は旧ソ連圏内の作品で...

投稿日:2019/03/27 (水)

リャトシンスキー3番は旧ソ連圏内の作品で私の一番お気に入り。メロディアのトルチャック盤を愛聴していました。それが1954年改訂版であることを再認識しました。こちらカラビッツ盤はあえて記載していないようですが「初稿」です。初稿終楽章は手の込んだ主題のかぶせ方等興味ひく所が多いのですが、コーダへの流れ込みを意識したような展開ではなく散らかったかんじの構成です。改訂版は流石当局の息がかかったものなので如何にもというくらいストレートに楽しめる言わば大衆路線化した内容です。第一主題と聖歌風主題がかけあって盛り上がっていくところは万人受け間違いなしです。つまるところ予備知識なしで聴く分には改訂版がおすすめです。次はクチャル盤(改訂版のはず)を聴いてみます。 とはいえカラビッツはシェラザードで大好きになった指揮者さん。旧ソ連ちっくに聖歌主題を爆音にせず(爆音の方が好きですが・・)こだわって綺麗に丁寧に仕上げているように思えました。聴きこめば次第に良さがわかってくるきがします。

TIKHON さん | 奈良県 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品