リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Scheherazade: Mehta / Lapo

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4666862
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
他の方のレヴューにも隠れた名盤とか知られ...

投稿日:2010/09/21 (火)

他の方のレヴューにも隠れた名盤とか知られざる名演とありますが、実際はLP発売の際には演奏・録音共にかなり話題になったことを記憶しております。CDの時代になって永らく忘れられていたのですが、眼前にヴァーチャルに再現される立体的な音像には最初に聞いたときには驚きました。いまでもその初出LPは保管しています。この作品の一推しの名盤です。

John Cleese さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
1974年4月ロスアンジェルスRoyce Hallでの...

投稿日:2009/11/29 (日)

1974年4月ロスアンジェルスRoyce Hallでの録音。この演奏がもっとも気に入っている演奏の一つ。発売当時からの愛聴盤大変気迫のこもった演奏でシドニー・ハースの素晴らしい独奏に惚れ込んでいます。メータ・ロスフィルの初来日公演を生で聴いて以来メータ指揮の演奏が好きで仕方がありません。私が所有しているオープン・リールのミュージックテープに比べ低音コントラバス等の音に厚みが無く迫力が弱い感じがします。デジタル録音になりノイズ等の減少は改善されたものの何か欲求不満を感じるのは私だけでしょうか?この録音もSACD盤で聴いてみたいと思います。SACD以外のプレスで発売されたものの音質ダイナミックレンジに不満を感じている人は少なくないと思います。

山形の髭熊 さん | 山形県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これは隠れた名盤ではないか?指揮者もオケ...

投稿日:2007/03/17 (土)

これは隠れた名盤ではないか?指揮者もオケも気分が乗っている。ハースのヴァイオリンソロもしっとりと美しく、オケの重心の低いずっしりした迫力もすごい。管楽器の柔らかさも特筆もの。終楽章のリズムと熱い盛り上がりは、この曲の数多い演奏中屈指のものである。演奏・録音ともに秀逸。何故評判にならなかったのか不思議。

NOBO さん | 東京都町田市 | 不明

0

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品