リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『シェエラザード』『スペイン奇想曲』 ロストロポーヴィチ&パリ管弦楽団

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2564640077
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


リムスキー=コルサコフ:シェエラザード
ロストロポーヴィチ&パリ管弦楽団


指揮者ロストロポーヴィチの最高傑作のひとつと目されるのがこの『シェエラザード』。1927年生まれのロストロポーヴィチは、1961年、34歳の時に指揮者としてデビューしており、この『シェエラザード』の頃にはキャリアも十分に蓄積済み。しかもこのときのロストロポーヴィチは、祖国ソ連をあとにした直後ということもあってか、演奏は異様なまでの力に満ちたものとなっています。
 リムスキー=コルサコフの傑作『シェエラザード』は、ニ管編成のオーケストラのために書かれた作品で、華麗なオーケストレーションで知られていますが、ここでは楽員増員がおこなわれているものと思われ、金管群の圧倒的な響きはオーケストラがパリ管弦楽団ということを忘れさせてしまうほどのスラヴ的な荒々しい迫力を感じさせてくれます。一方で抒情的な部分での弦楽や木管の軽やかな美しさなどはパリ管ならではですし、全体にロストロポーヴィチの志向する壮大濃厚な歌いくちに、絶妙なバランスで作用する色彩の変化がとても魅力的な聴きものとなっています。
 これにはフランスEMIのエンジニア、ポール・ヴァヴァスールの優れた手腕と、パリのホール、サル・ワグラムの芳醇な音響も大きく功を奏しているようで、ヴァヴァスールとサル・ワグラムの傑作として知られるミュンシュの幻想交響曲を上回るほどの主張の強いサウンドには驚くばかりです。(HMV)

【収録情報】
● リムスキー=コルサコフ:交響組曲『シェエラザード』Op.35
 第1曲: 海とシンドバッドの船
 第2曲: カランダー王子の物語
 第3曲: 若き王子と王女
 第4曲: バグダッドの祭、海、青銅の騎士の岩での難破、終曲

● リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 Op.34

 パリ管弦楽団
 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(指揮)

 録音時期:1974年7月、1976年11月、1977年3月
 録音場所:パリ、 サル・ワグラム
 録音方式:ステレオ(セッション)

収録曲   

  • 01. Scheherazade, Op. 35: I. The Sea and Sinbad's Ship
  • 02. Scheherazade, Op. 35: II. The Story of the Kalendar Prince
  • 03. Scheherazade, Op. 35: III. The Young Prince and the Young Princess
  • 04. Scheherazade, Op. 35: IV. The Festival at Baghdad - The Sea - The Ship goes to pieces on a Rock surm
  • 05. Capriccio espagnol, Op. 34: I. Alborada (Vivo e strepitoso)
  • 06. Capriccio espagnol, Op. 34: II. Variazioni (Andante con moto)
  • 07. Capriccio espagnol, Op. 34: III. Alborada (Vivo e strepitoso)
  • 08. Capriccio espagnol, Op. 34: IV. Scena e canto gitano (Allegretto)
  • 09. Capriccio espagnol, Op. 34: V. Fandango asturiano

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
名盤の誉れ高く、シロウトが口を挟むのおこ...

投稿日:2012/10/25 (木)

名盤の誉れ高く、シロウトが口を挟むのおこがましいが、趣味の問題ですのであしからず。冒頭のトロンボーンからバリバリとロシア的な存在感を響かせていますが、意外と弦楽器はおとなしく軽〜く、それこそシルキーな雰囲気をかもし出しています。ですから尚更金管や木管の図太い音色が突出してしてしまうようです。絶妙なバランス、不思議なバランスを保っているのでしょう。当時のロストロポーヴィチならストレートに野暮なまでの演奏を期待したな。

ゆうさん さん | 静岡県 | 不明

4
★
★
★
★
★
ジャケットのシャガールのようにロマンティ...

投稿日:2011/12/05 (月)

ジャケットのシャガールのようにロマンティック、大胆かつ色彩的な演奏だった。パリ管も健闘、パレットの色の多さは華やかで弦はしっとり唸る。 ロジェストベンスキーが振ったパリ管(ロシア管弦楽曲集)の切れ味の良さと万華鏡のような色彩の豊かさを彷彿させる。 演奏の方向性は真っ向「感覚的」で、構造性とか構築性を感じさせるようなどっしりした安定感には欠ける(この点ではBPOを振ったマゼールが良い)。 ただここまで感覚的、情緒的に演奏されてしまうと頭が下がる。 これも有りだよね、と。 アルマニャックのグラスを片手に、ソファにくつろいで何も考えずに聴くには最高のシェエラザードであることは間違いなく、それだけであっても持つべき価値のある1枚だと思う。 心身ともに疲れたとき、最高の、そしてゴージャスな時間をもたらしてくれる。

shef さん | 栃木県 | 不明

1
★
★
★
★
★
「シェエラザード」の屈指の名盤です。こて...

投稿日:2011/11/26 (土)

「シェエラザード」の屈指の名盤です。こてこてのロストロ節。土臭い「シェラ」の代表格です。バイオリンのソロも素晴らしい演奏をしています。オケがパリ管というのも貴重ですね。パリ管だったから、この程度におさまり、名盤になったのかもしれません。ロストロさんの残した指揮者としての録音のベスト盤ではないでしょうか。「シェラ」については、当盤とカラヤン盤、デュトワ盤、ゲルギエフ盤を愛聴しています。いずれにしてもバイオリンのソロの力量が問われますね。

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

3

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品