リチャード・パンシェク

人物・団体ページへ

ガリレオと地動説 近代科学のとびらをひらいた偉大な科学者 ジュニアサイエンス

リチャード・パンシェク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784621081969
ISBN 10 : 4621081969
フォーマット
出版社
発行年月
2009年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19×26cm,15,180p

内容詳細

ガリレオの偉大な功績と、科学と宗教の対立の時代に生きた波瀾万丈の人生を、豊富な図版でわかりやすく解説。テーマと関連性のある体験学習コーナーを掲載。読んで学んで実際に楽しめる、新しい体験型偉人伝。

【著者紹介】
Richard・Panchyk : ニューヨーク州、クィーンズ生まれ。ロングアイランド在住の作家。マサチューセッツ大学アマースト校にて人類学修士号取得後、博士課程を修了

大森充香 : 1973年オランダ生まれ。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校メディカルテクノロジー科卒業後、国内製薬会社研究員を経て、バベル翻訳大学院テクニカル&サイエンティフィック翻訳科卒業。翻訳修士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • zero1 さん

    科学は宗教の弾圧を受けてきた。代表例がダーウィンの進化論と地動説のガリレオ。プトレマイオスの世界観、天動説は【地球こそ宇宙の中心】ということでカトリックに都合が良かった。しかしガリレオはそれが間違っていることを知る。「天文対話」と裁判による発言の禁止。本書にはコペルニクスやブラーエ、ケプラーなども登場。デカルトとの関係は興味深い。太陽の黒点や比重の実験などコラムも充実。理科離れ解消のためにも、こうした書籍は大切。前書きは宇宙飛行士のオルドリン。彼の偉大さを今の小中学生は理解できる?

  • あさひ さん

    ガリレオの生涯や、その功績をまとめた本。否定されても主張する、諦めない。最後まで上を目指し続けた葛飾北斎の生き様にも通じる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品