良い財政赤字 悪い財政赤字 「俗説」の呪縛を解き景気回復へ

リチャード・クー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569614182
ISBN 10 : 4569614183
フォーマット
出版社
発行年月
2001年01月
日本
追加情報
:
449p;20

内容詳細

バランスシート不況が次の段階に入り、IT投資も増えてきた日本経済。2年先が楽しみだ。米国・アジア経済の行方を読みつつ復活への道筋を明示する。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hisashi Tokunaga さん

    資本移動の自由化をアジア危機で警鐘を鳴らしたのは慧眼。

  • psi_x さん

    2001年ともう10年近く前の本だが、ちゃんと経済だけでなく安全保障の問題も絡めて論じてあるので安心した。安全保障もわからない人間に経済、財政を語って欲しくない。もっとこの人の本を読もう。

  • 緑色と風 さん

    本書は2001年出版、すぐ読んだ。今、景気低迷で財政赤字が膨張、公共事業・子供手当ての是非、赤字国債発行の是非が叫ばれている。2001年と現在とでは、海外経済が2001年時より悪い分日本にとっては深刻。一時的なバラ蒔は後世に借金だけを残す悪い財政赤字につながる。一方、低金利のなか、後世にも活用される首都圏の交通網整備、土地の利用促進等経済の活性化につながり、再び活力を取り戻すための良い財政赤字になるのなら納得できる。今読んでも参考になる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

リチャード・クー

野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト。1954年神戸生まれ。76年カリフォルニア大学バークレー校卒業。専攻は政治、経済。米国連邦準備制度理事会(FRB)のドクター・フェローを経て、81年ジョンスホプキンス大学大学院経済学博士課程修了。同年ニューヨーク連銀入行後、84年野村総合研究所入社。経済

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品