真夜中の男 扶桑社ロマンス

リサ マリー ライス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594053239
ISBN 10 : 4594053238
フォーマット
出版社
発行年月
2007年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,367p

内容詳細

美貌のインテリア・デザイナー、スザンヌのもとに現われた警備会社社長のジョンは、危険な香りのする男だった。それもそれはず、彼は「ミッドナイト・マン」の異名をとる元海軍特殊部隊員。出会ったその日から、二人は強く魅かれあう。しかしスザンヌの周辺には、彼女の命を狙う謎の殺し屋たちの影が…。愛する女を守るため、すべてをなげうって立ち上がるジョン。そして、二人きりの逃避行がはじまった。めくるめく官能に彩られた、ノンストップ・ロマンティック・サスペンスの決定版。

【著者紹介】
リサ マリー ライス : 1951年アメリカ生まれ。翻訳者、通訳を経て小説家に転身。官能に彩られたロマンティック・サスペンスを中心に旺盛な創作活動を展開。『真夜中の男』で2004年のシズラー・アワードの最優秀ロマンティック・サスペンス賞を受賞

上中京 : 関西学院大学文学部英文科卒業。英米翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆいまある さん

    子供に内緒でロマンス小説です。軍隊生活長かったターミネーターみたいなマッチョが、ゴージャスなインテリアコーディネーターに一目惚れ。仕事も手につかなくなってしまう。自分の生き方を変えてしまう恋。相手が欲しくて欲しくて切ない恋。そして二人の濃厚で幸せな時間。ヒロインがちゃんと自分を持ってて、恋よりも自分の生き方を貫くところが凄く好き。こういう恋愛小説が読みたかったのよ。でも身長差30センチ、体重45キロ差カップルだと、痛かろう。痛いよね?慣れるもんなのかな。シリーズらしいので全部読みます。

  • らすかる さん

    読友さまからの頂き本。うん!読友さまが挫折するのもわかるw ひょんなことから命を狙われるはめになった美貌のインテリアデザイナーを元海軍中佐が守るんだけど、、この元海軍中佐がセックスしか頭にないw とにかくヤルことしか考えてない!なんじゃこりゃ!内容ないじゃん。海外ものの官能小説ってこんなかんじなのかな?あまりそそられる文章じゃないのよね。表現が直接的で淫靡さが皆無〜。訳するとこうなっちゃうのかな。うむ、勉強にはなったw

  • ち〜 さん

    とんでもないヒーロー出現!!SEALSを除隊し、セキュリティ会社を立ち上げたジョン。事務所を借りるため訪ねたビルの所有者は美しいインテリア・デザイナーのスザンヌ。一目見た瞬間、ただのオスと化したジョン。理由も分からず、殺し屋に狙われるスザンヌを隠れ家に匿い…山小屋での2人きりのクリスマスがとても良い雰囲気だった。けど、「大事なスザンヌを傷つけちゃダメだ、優しくしなきゃ」と思いつつも何度も失敗するジョンが面白すぎw突然の悲しい別れにシンミリした割に、超大物の敵との結末があまりにも呆気な過ぎw

  • ちぇしゃ さん

    【再読】最近出た新作を読んで、もうすぐシリーズ新作も出るので再読。最初に読んだ時はエッΣ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?から赤面しつつノンストップだったけど、今回もノンストップで一気読みwあらゆる意味で面白い、物語の展開も、内容も濃くて引き込むテンポの良さも、そしてヒーローの優しいケダモノぶりもw今回はリサマリ様のヒーローを知ってて読んだし、わたくしがもうすでにHOTに慣れすぎてけしからん免疫ができており、一番最初に読んだ時のような恥じらいなど何万光年の宇宙の彼方へ消えてしまってたw楽しいのでシリーズおかわり☆

  • 菫子 さん

    (原題 Midnight Man)クリスマスシーズンになると読みたくなる本。ストーリーはどうでもよくて、すべては熱く勢いあるHOTシーンのための伏線にすぎないように思える。レンガを砕く最初のHOTシーンの描写は絶品で、始終性欲と闘い敗北して自己嫌悪に陥るヒーローがかわいくてキュンキュンする。HOTだけどエロくない不思議な清々しさがあって、読めば読むほどこの本のカテゴリーはファンタジーとかコメディだと思えてくる。勢いを保ったままラストに向かいあっさり終わるところも良い。この作者の作品ではこれが一番好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

リサ マリー ライス

1951年アメリカ生まれ。翻訳者、通訳を経て小説家に転身。官能に彩られたロマンティック・サスペンスを中心に旺盛な創作活動を展開。『真夜中の男』(扶桑社ロマンス)で2004年のシズラー・アワードの最優秀ロマンティック・サスペンス賞に輝く。2014年より“真夜中シリーズ”を再始動させる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品