CD 輸入盤

ラヴェル:ピアノ協奏曲、ストラヴィンスキー:タンゴ、サバタ:『千夜一夜物語』組曲、他 ボラーニ、シャイー&ゲヴァントハウス管

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4764832
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ボラーニ&シャイーの火花散る共演第2弾!

ジャズ・ピアニストのステファノ・ボラーニと巨匠指揮者リッカルド・シャイーの共演第2弾。今年(2012年)没後75周年を迎えるラヴェルのピアノ協奏曲をはじめ、ジャズの影響を受けた、第2次大戦前夜に作曲された作品ばかりを集めたアルバムです。
 1972年生まれ、ミラノ出身の人気ジャズ・ピアニスト、ステファノ・ボラーニが再び巨匠指揮者リッカルド・シャイーと共演。今回のアルバムは、今年没後75年を迎える作曲家モーリス・ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を中心に、第2次大戦前夜に作曲されジャズの影響を色濃く受けた作品ばかりを集めた、ボラーニならではのアルバム。クロスオーバーの原点ともいえるこれらの作品を、ジャズにもクラシックにも精通したボラーニが表情豊かに聴かせます。前作のガーシュウィン・アルバム(4782739)同様、ドイツ伝統のオーケストラであるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と巨匠指揮者リッカルド・シャイーの伴奏も見事。世界初録音も2曲(5、6)入った、注目のアルバムです!(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
1. ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
2. ストラヴィンスキー:タンゴ(ピアノ・バージョン)
3. ワイル:『ハッピー・エンド』から『スラバヤ・ジョニー』
4. ワイル:『三文オペラ』から『ひものバラード』
5. ストラヴィンスキー:タンゴ(オーケストラ・バージョン)
6. サバタ:バレエ音楽『千夜一夜物語』からの組曲

 ステファノ・ボラーニ(ピアノ)
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 リッカルド・シャイー(指揮)

 録音時期:2011年9月
 録音場所:ライプツィヒ、ゲヴァントハウス
 録音方式:デジタル

収録曲   

  • 01. Allegramente
  • 02. Adagio assai
  • 03. Presto
  • 04. Tango (Piano version)
  • 05. Surabaya Johnny
  • 06. Zuhalterballade (Tango Ballad)
  • 07. Tango (Orchestral version)
  • 08. Suite from Le Mille E Una Notte

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ラベルのピアノ協奏曲では、ボラーニのピア...

投稿日:2012/09/05 (水)

ラベルのピアノ協奏曲では、ボラーニのピアノは派手さはないがしっとりとした音色で絵画的なフレーズを紡ぎだしている。 第二楽章のアダージョの美しさがよりいっそう際立つ演奏だろう。 オケは重すぎず、しかし軽くもなくドライブし、フランスのエスプリを醸し出している。 ストラヴィンスキーのTangoはピアノ独奏と、より多彩な表現の管弦楽版の2ヴァージョンが入っており、各々比較が楽しめる。 クルト・ワイルの2作品はポラーニの独奏で、まるでショパンかドビュッシーのような叙情的な調べを紡ぎだす。 サバトの千夜一夜はまるでブロードウェイのようなショービジネス界を彷彿とさせるゴージャスな演奏である。 アラビアンナイトというよりアメリカンナイトであろう。 録音は各楽器を鮮明に捉えつつ、柔らかみのあるサウンドを聴かせる。 ここぞと言う時のパンチ力のあるデッカサウンドも健在である。 音楽性、音質ともにハイクオリティな一枚となっている。

独居人 さん | 東京都 | 不明

0

ラヴェル(1875-1937)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品