ラロ (1823-1892)

ラロ (1823-1892)

ラロ (1823-1892) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ヴィクトール・アントワーヌ・エドゥアール・ラロVictor Antoine Edouard Lalo, 1823年1月27日 - 1892年4月22日)は、フランスの作曲家、ヴァイオリンおよびヴィオラ奏者。リール生まれ。スペイン交響曲(ヴァイオリン協奏曲第2番に当たる)、チェロ協奏曲が有名。歌劇《イスの王様》は、今日ではまず全曲が上演されることはないが、その序曲...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

49件

すべてのユーザーレビューを見る(49件)

  • ラロは「スペイン交響曲」の一発屋という印象が強いが...

    投稿日:2018/11/23

    ラロは「スペイン交響曲」の一発屋という印象が強いが、私は結構気に入っている作曲家だ。チェロ協奏曲もいい曲だし、ラロ畢生のオペラ「イスの王様」もメロディに溢れ波乱万丈の聴きごたえのある作品である。全曲で100分少ししかなく、物語をもっと掘り下げたほうがよかったと思うのだが、ラロは冗長になるのを嫌ったのだろう。いずれにしても序曲しか知られていないのはもったいない。クリュイタンス盤は代表盤、というか水準以上のものはこれしかないのだが、ミショー、ゴールの主役二人が素晴らしい出来だし、クリュイタンスの覇気に満ちた指揮も見事。ただし、1957年録音なのにモノーラルで音も良くない。58年まで待ってステレオで収録していたら、このオペラももっとポピュラーになっていたのではないだろうか。それでも一聴の価値はあるし随分安いのでお勧めだ。

    フォアグラ さん

    1
  • サラサーテの曲集が素晴らしいティエンワであるが、ス...

    投稿日:2021/04/22

    サラサーテの曲集が素晴らしいティエンワであるが、スペインものの2曲はまさにうってつけといえる。リズムの取り方が非常によく、自然なノリの良さが聞かれる。

    OTTO さん

    0
  • 情熱的でウイットにとんだ演奏ではなく、またフランス...

    投稿日:2019/09/28

    情熱的でウイットにとんだ演奏ではなく、またフランス音楽としてのエスプリがあまり感じられない。正攻法で几帳面な演奏で、技術的には文句なく、グリュミオーらしい美音ですが、あまり楽しめるものでなっかた。グリュミオーはやはり、モーツアルトやベートーベンに威力を発揮するように思う。録音はプレゼンス的に良いが強奏部分が混濁気味できたない。

    tanobu さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ラロ (1823-1892)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%