天使墜落 上 創元SF文庫

ラリー・ニーヴン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488654085
ISBN 10 : 4488654088
フォーマット
出版社
発行年月
1997年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
浅井修 ,  
追加情報
:
341p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鐵太郎 さん

    未来の地球は急速な寒冷化により氷河に飲み込まれる、という考察はいつできたのだろう。これはその理論を元に、科学やテクノロジーが白眼視されたアメリカを舞台に描かれた、ディストピア小説。と同時にSFファンの心をくすぐる小ネタ満載の本。──面白いところはたくさんあるが、惜しむらくはアメリカ人のメンタリティで描かれているために、ファン活動についてもラダイト運動についてもリアリティが感じられないところかな。でも最後のシマックネタはなかなか良かったので、下巻に期待。

  • まるちばく さん

    SFファンダムのお遊び的作品ですが、しっかりSF。10年以上読んでいなかったので、ラストをすっかり忘れている。下巻が楽しみ。。

  • 既製たぬき さん

    舞台は少し未来、氷河に覆われ滅びつつある、テクノロジーが酷く虐げられている世界。宇宙飛行士達は今や地表との連絡を絶たれ、天空はるかの宇宙ステーションに孤立し自給自足を行うまでになっていた。 そんな宇宙飛行士が、事故によりアメリカの片隅に墜落してしまう。地表には彼らを敵視する人々しか残っていない。もはや助かる道はないのか。 いや、そんなことはない。彼らには味方がいた。いくら弾圧を受けようともへこたれない、テクノロジーと未来になにがしかの可能性を見る最後の奴ら、SFファンである!(下巻に続く

  • Sensyuraku さん

    科学技術を憎悪する地球と、それと袂を分かった宇宙ステーション。宇宙ステーションの船が地球に不時着した!パイロットを助けるべく動き出したのは半地下組織となったSFファン達だった!っていう話。ファンダムの用語とか内輪ネタよく分かんないけどオタクの集まり独特のノリはどこも一緒。ドタバタでありディストピアモノであり旅行モノでもある。オススメ。

  • マサトク さん

    反科学主義に席巻された地球と敵対する軌道上のステーション。ミサイルで船を撃墜された2人の宇宙飛行士が地上に降り立つ。科学技術を憎悪する政府に追われた彼らを救ったのは、地下に潜んだSFファンたちだった…というもうなんかこうクソSF感たっぷりなんだけど面白いんだよなー。小ネタ多い。楽しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品