ラモー(1683-1764)
新商品あり

ラモー(1683-1764) レビュー一覧

ラモー(1683-1764) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

76件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 目立たないが、とても好感の持てる演奏と思います。J....

    投稿日:2019/11/20

    目立たないが、とても好感の持てる演奏と思います。J.P.Rameauのクラブサン全集は少し前にM.Esfahaniの鮮烈きわまりない演奏が忘れられませんが、このBertrand Cuillerの全集は発売時期もEsfahaniとそう離れておらず、どちらも新進気鋭の若手チェンバロ奏者ということで、どうしても比較したくなるのが人情ですが、同じ若手が同じクラブサンを弾いてもこれだけ違うのか、正直ちょっと驚きでした。ナント生まれ、生粋のフランス出身であるCuillerの演奏は、テンポ、リズムなどEsfahani同様新鮮で現代的ではあっても、その演奏の微妙なニュアンス、フレーズの歌い方、リズムの揺れなど、非常に細やかで繊細、月並みな言い方ですがやはりフランス的としか言いようの無いエスプリに満ち満ちており、逆にCuillerを聴くとEsfahaniのRameau演奏に足りなかったものは何か、よく判るように思います。その味わいの特質が最もよく判るのは、1724年のPieces de Clavessinの諸曲で、La Rappel des oiseaux, Rigaudons, Tambourin, Les Soupirsなど、フランスに生まれ育った芸術家でなければおそらく出せない自然な息遣いに溢れ、限りなく魅力的です。。その一方で、CD後半のNouvelles Suites de Pieces de Clavessinに含まれる、非常に構造的な曲ーGavotte et Doublesなどーにおいては、全体の構造の厳格な把握が今一つで、聴いていて一本調子で疲れる瞬間も散見され、ここらへんはEsfahaniの現代的かつ構築的な演奏や、Peter Jan-Berderの広範な歴史的素養と経験をベースにした演奏には及ばないと言えるかも知れません。しかしながら、それでもこれだけ繊細な味わいを有するRameau全集は、決してそう多くはないことを考えると、貴重な良演集と言えるのではないでしょうか。今後におおいに期待したい演奏家であり、バロック音楽がお好きな方には、一聴していただく価値が十分あると思われます。

    mimi さん |50代

    0
  • Mahan Esfahaniのこれまでの録音の中で最も素晴らしい...

    投稿日:2019/05/31

    Mahan Esfahaniのこれまでの録音の中で最も素晴らしい仕事かも知れません。Rameauのクラブサン全集録音は、F.Couperinなどに比較して曲数がそれほど多くなく、またはるかに近代的であるため、ピアノによるものも含めてこれまで決して少なくありませんでしたが、他の評者も指摘されるように決定版と言える演奏は無かったように思います。自分も過去のRameauクラブサン全集録音の一部しか聴いてませんが、それでも録音の良さも含め、こんなに魅力的な全集は初めてです。実は最初に聴き始めた時、Rameau最初期(20歳そこそこ)のイ短調組曲においては、やはりまだ一本調子で味わいが乏しいかな、と感じた瞬間はあったのですが(Pinnockの再録音などに較べ)、聴き進めるにつれ、Esfahaniの明確な構造を表出する主張のはっきりした新鮮な演奏に引き込まれていきます。Rameau壮年期のホ短調、ニ長調組曲、その中でもいくつかの有名曲(Le Rappel des Oiseaux, Tambourin, Rigaudons1/2, L’Entretien des Muses, etc)は、瑞々しい詩情と近代的な生命力を漲らせた、これ以上ない名演奏。後半の2組曲においても、とても一本調子とはほど遠い、明確な和声感覚と構造にRameauの音楽本来の魅力であるピンと張りつめた情緒をまとわせた表現した好演奏であり(Le Triomphante, Gavotteなど!)、Peter Jan Belderの全集を録音の面だけでなく、完全に上回っているのではないでしょうか。決してフランス的とは言えない演奏かも知れないし、このような現代的なRameauを好まない方もおられるかも知れませんが、それでも確かにRameauの音楽の本質的な魅力を確かに捉えた良演奏であることは確かで、多くの方にお薦めする価値があると思います。

    mimi さん |50代

    0
  • カフェ・ツィマーマンの通奏低音奏者フリッシュが甲斐...

    投稿日:2019/02/02

    カフェ・ツィマーマンの通奏低音奏者フリッシュが甲斐甲斐しい 彼女のラモーを堪能した 五つあるクラヴサン曲集(組曲)から第1第2そして第5番を弾く 三つの組曲の特徴が鮮明に描出されている 第1番は徐に語るが如く歌い出し次第に転がりだす球ように快走する心地よさ 第2番は奏法を巧ませてラモーの工夫と心意気が映える 最後の5番はいっそう創造の翼を広げ自由に翔び回る豊かで大きな世界がある ラモーの鍵盤楽曲の発展が一望できる 典雅とユーモアと人が持ち合わせたい心映えが広がる音像をフリッシュは明快にそして何よりも軽やかに描いていく 煩くないクラヴサンを愛する あなたも如何   

    風信子 さん |60代

    0
  • フランス・バロックの精華”ラモー”の舞台音楽集はブ...

    投稿日:2018/09/18

    フランス・バロックの精華”ラモー”の舞台音楽集はブリュッヘンの最大の遺産だ それは彼のリコーダーの世界に近似して ブリュッヘンの感性と音楽の言葉を直截伝えている ハイドンやモーツァルトを中心とした所謂ドイツ音楽を中心としたオーケストラ活動だったが ブリュッヘンの心の襞に寄り添う音楽はラモーだったと思う そして何よりも今は失われて二度と戻らない宝珠はブリュッヘンが指揮する18世紀オーケストラだ 20世紀晩期の奇跡だった 彼らの演奏を聴かなかったら わたしはハイドンやラモーの美と世界を知らずに生涯を終えただろう そして優れた音楽と演奏だけが 世界のそして人の真相を見せてくれ それが愛すべき凡てなのだと教えてくれた その智と情を感得できたからこそ生きていく意が自覚できた 芸術とはかくも強く優しいものだ 彼らの演奏を目の当たりにできなかった人は不幸だが せめてこうして残され聴くことが出来る録音を良い音で再生して思いを馳せては如何 

    風信子 さん |60代

    4
  • 演出や踊りなどで飽きさせないような工夫はされていた...

    投稿日:2018/06/09

    演出や踊りなどで飽きさせないような工夫はされていたものの、モーツァルトなどの後の作曲家の作品と比べると音楽もあらすじも単調で、すべて聴き通すのはやや苦痛だった。 またドイツのオケのせいかやや重めで、ラモー独特の優雅さや軽快さを欠く。 ただし輸入盤ながら日本語字幕は丁寧でしっかりしたものなので、この作品が未聴なら購入してもよいかも。

    akiapple さん |30代

    1
  • ”マイ・フェァ・レディ”の種本と聞く”ピグマリオン...

    投稿日:2018/02/27

    ”マイ・フェァ・レディ”の種本と聞く”ピグマリオン”だが 音楽に繋がりがあろうはずもない バロックの情緒と響きに改めて浸る 歌も語るニュアンスを生かした対話劇に簡素な伴奏がつく テンポも人がしみじみ語る速さで進行する 静寂が音楽の狭間に息づいている 間の音楽だとも言える 息づかいと感情の起伏が自然に旋律を紡ぐ 朗読を聞いているに等しい感覚だ 音楽とは語って聞かせるものだったのだと実感する そこに軽やかなバレエ音楽が加わる これも軽やかな風のごとき音楽だ 刺激物を用いない音楽の美しさに現代人は耐えられるのだろうか 居た堪れない人が数多くいるのではないか いつから音楽は刺したり叩いたりするものになってしまったのだろう ニケとコンセール・スピリチュアルの奏でる響きに包まれていると何もかも肯定できるような気がしてくる ”ピグマリオン”が愛の音楽だと知れば何の不思議もない この響きが好きな朋がいる あなたは如何 

    風信子 さん |60代

    3
  • 『イポリートとアリシー』はフランス・バロックの大家...

    投稿日:2017/04/23

    『イポリートとアリシー』はフランス・バロックの大家ジャン・フィリップ・ラモーの代表作。文豪ジャン・ラシーヌ作の悲劇『フェードル』のスピンオフとも言うべき作品で、古代ギリシャ神話を元にした恋愛劇である。『フェードル』の主要登場人物であるアテナイの王子イポリート(ヒッポリュトス)とアテナイ王族の娘アリシーが運命に翻弄されながらもついに結ばれるというハッピーエンドなオチになっている。 1994年6月、パリ・ヴェルサイユ、王立歌劇場でのライブ録音。フランス古楽器派の雄ミンコフスキとその手兵ルーブル宮音楽隊を中心とした体制での収録である。典雅で華やかなフランス・バロックの世界を緻密に再現している。ライブ収録ながら音質も良好。ただ、CD3枚組で全曲演奏時間3時間弱という超大作であり、聴き通すにはちょっとした根気が要る。通しで聴くと多少の聴き疲れを覚えてしまったのも事実で、聴き手を選ぶタイプの作品だな、と感じた。あくまでもフランス・バロック好きな人用。

    金山寺味噌 さん |40代

    0
  • 「このブルーレイは画質がDVDとまったく変わりません...

    投稿日:2015/06/03

    「このブルーレイは画質がDVDとまったく変わりません」 とのレビューがありますが,本日HMVから入手して再生したところ,以前のDVD(TDK)より高い画質になっていました. そのためか,以前のDVD版では分からなかった演者のしわなども,ハッキリみえてしまいます(笑) ともあれ,定評ある名演を,より素晴らしい画質で楽しめることは間違いありません.オススメです!

    vinsdepays さん

    0
  • ラモーのグラブサン曲集はいくつか出ているが、いずれ...

    投稿日:2014/12/03

    ラモーのグラブサン曲集はいくつか出ているが、いずれも録音の問題があり愛用盤になっていない。本盤はこの問題を解決してくれそうだ。いよいよラモーのグラブサン曲集も年貢の納め時が来たようだ。

    kura-ota さん |50代

    6
  • ところどころミンコフスキやクリスティが見せるような...

    投稿日:2014/11/21

    ところどころミンコフスキやクリスティが見せるような遊びがあればと思うところはなくはないが見事な演奏。ラモーおそるべし、クルレンツィスおそるべし。

    けん さん |30代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%