Blu-ray Disc 輸入盤

『イポリートとアリシー』全曲 A.コリンズ演出、サイモン・ラトル&フライブルク・バロック・オーケストラ、メヘレン、コジェナー、他(2018 ステレオ)(日本語字幕付)

ラモー(1683-1764)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2064314
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明


2018年ベルリン国立歌劇場ライヴ
サイモン・ラトル&フライブルク・バロック・オーケストラ
ラモー『イポリートとアリシー』。コジェナー、プロハスカなど豪華歌手陣


2018年11月ベルリン国立歌劇場で上演された、アレッタ・コリンズ演出、サイモン・ラトル指揮によるフランス・バロック・オペラの代表作『イポリートとアリシー』の映像。ラモーが50歳にして初めて書いたオペラ『イポリートとアリシー』は、序曲とプロローグ、全5幕という構成で、歌、演技、踊りの要素を含み、卓越した和声法と管弦楽法が駆使された傑作。当時大成功をおさめ評判はヨーロッパ中に及び、宮廷をも巻き込む「ブフォン論争」(イタリア・オペラとフランス・オペラのどちらが優れているか)を引き起こすきっかけとなりました。
 今回のオペラ上演は、アレッタ・コリンズが演出と振付を、そして光を巧みに操り見る者に新しい知覚体験を与える作品で世界的に高く評価されているオラファー・エリアソンが照明デザインを担当し、近未来的な不思議な舞台が展開されます。歌手陣には、レザール・フロリサン等のツアーにも参加するテノール、レイナウト・ファン・メヘレンがイポリート役。様々な時代の作品を見事に歌い上げるドイツのソプラノ、アンナ・プロハスカがアリシー役。そしてアテネの王テゼの妃フェードル役にはマグダレーナ・コジェナーという豪華キャスト。

【あらすじ】
パラス一族の娘アリシー。一族はテゼによって滅ぼされ、アリシーは囚われの身となる。しかし一族を殺したテゼの息子イポリートとアリシーは恋仲となる。ところがテゼの妻でイポリートの継母でもあるフェードルが、息子のイポリートに恋心を抱く。夫テゼの死の報せとともに息子への思いが高まりまるが、息子イポリートがアリシーと恋仲であることを知って逆上、しかし、そこに実は死んでいなかったテゼが帰還。妻フェードルの従者エノーヌが、息子イポリートが妻フェードルを誘惑したとほのめかし、怒ったテゼはイポリートを追放する。後悔の念にかられながら死を迎えようとしているフェードルから真相を聞いたテゼは自らの過ちを呪い、地獄行きを決意するものの、イポリートは生きており、アリシーと再会する。(写真c Karl Forster)(輸入元情報)


【収録情報】
● ラモー:歌劇『イポリートとアリシー』全曲


 レイナウト・ファン・メヘレン(イポリート/テノール)
 アンナ・プロハスカ(アリシー/ソプラノ)
 マグダレーナ・コジェナー(フェードル/メゾ・ソプラノ)
 ギュラ・オレント(テゼ/バリトン)
 エルザ・ドライジグ(ディアーヌ/メゾ・ソプラノ)
 ベルリン国立歌劇場合唱団
 フライブルク・バロック・オーケストラ
 サー・サイモン・ラトル(指揮)

 演出・振付:アレッタ・コリンズ
 舞台、照明デザイン、衣装:オラファー・エリアソン
 照明:オラフ・フリーズ
 ドラマツルギー:デートレフ・ギーゼ

 収録時期:2018年11月
 収録場所:ベルリン国立歌劇場(ライヴ)
 映像監督:アンドレアス・モレル

 収録時間:153分
 画面:カラー、16:9、Full HD
 音声:PCMステレオ、DTS-HD MA 5.0
 原語:フランス語
 字幕:独英仏韓日
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ラモー(1683-1764)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品