SACD 輸入盤

ラフマニノフ:交響曲第3番、バラキレフ:交響詩『ロシア』 ゲルギエフ&ロンドン響

ラフマニノフ (1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LSO0779
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ラフマニノフ:交響曲第3番、バラキレフ:交響詩『ロシア』
ゲルギエフ&ロンドン交響楽団


SACDハイブリッド盤。首席指揮者ゲルギエフによる「LSO Live」の最新アルバムはラフマニノフの交響曲第3番。2008年9月ライヴの「交響曲第2番」2009年5月ライヴの『交響的舞曲』とによって、この作曲家への恐るべき適性を示したゲルギエフが、ロンドン響との顔合わせでまたしても金字塔を打ち立てました。
 ラフマニノフがロシアを遠く離れ、およそ20年近くを経た1935年から36年にかけて亡命先のルツェルンで書き上げた交響曲第3番は、切々と迫る抒情と熱くたぎる激情にあふれ、抑えることのできない祖国への思いが色濃く投影された作品。当コンビによる前2作の並外れた出来栄えを知れば、ここでも期待は高まるところですが、たっぷりと重厚な響きを引き出した第1楽章開始からまもなく、どこか懐かしくもあるメロディが現れると、早くもこれは大当たりの予感、第2楽章に入ると確信へと変わります。ハープに乗せて朗々と歌い出すホルンにつづいて、独奏ヴァイオリンに導かれる甘美でせつない弦楽の調べが押し寄せるアダージョ・マ・ノン・トロッポ。まさに交響曲第2番第3楽章の再現ともいうべき美に浸れます。さらに、ラフマニノフのトレードマークともいえるグレゴリオ聖歌「怒りの日」が効果的に使われ、交響的舞曲との相関も指摘されるフィナーレもやはりゲルギエフのうまさが全面に出た場面といえるでしょう。
 カップリングはバラキレフの交響詩『ロシア』。自作の『ロシアの主題による序曲第2番』をバラキレフが改訂したもので、ヴォルガ河流域を調査して収集した3つの民謡(ゆったりした婚礼の歌とふたつの輪舞)をもとに、作中では素材として自在に扱われています。民俗色ゆたかな親しみやすい内容で、こちらも雰囲気満点の演奏が楽しめます。
 なお、ゲルギエフ指揮ロンドン響の演奏によるラフマニノフの交響曲シリーズは2016年春に完結予定とのことです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● ラフマニノフ:交響曲第3番イ短調 op.44
(I. 17:45/ II. 11:52/ III. 13:47 = TT. 43:24)
● バラキレフ:交響詩『ロシア』 (13:04)

 ロンドン交響楽団
 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

 録音時期:2014年11月11,13日
 録音場所:ロンドン、バービカン・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)
 プロデューサー:ジェイムズ・マリンソン
 エンジニアリング、エディティング、ミキシング&マスタリング:Classic Sound Ltd
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.1 SURROUND

収録曲   

  • 01. Lento - Allegro Moderato - Allegro
  • 02. Adagio Ma Non Troppo - Allegro Vivace
  • 03. Allegro - Allegro Vivace - Allegro (Tempo Primo) - Allegretto - Allegro Vivace
  • 04. Symphonic Poem, 'Russia'

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ラフマニノフ (1873-1943)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品