Blu-spec CD 2

ピアノ協奏曲第3番、ピアノ・ソナタ第2番 ウラディミール・ホロヴィッツ、ユージン・オーマンディ&ニューヨーク・フィル

ラフマニノフ (1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC30363
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、ピアノ・ソナタ第2番
ウラディミール・ホロヴィッツ


いずれの演奏も、両曲を偏愛したホロヴィッツによる正規録音としては最後のもの。協奏曲では、これ以前の録音では大量にカットを行なっていたのに対し、ここでのカットは第1楽章カデンツァ中の2小節のみで、ホロヴィッツが遺した、唯一のほぼ完全版の演奏です。第2ソナタは作曲者と相談の上、初版と第2版を織り交ぜたホロヴィッツ版。晩年のライヴながら、楽器を鳴らし切る桁外れの才能は健在です。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調 Op.30


 ウラディミール・ホロヴィッツ(ピアノ)
 ニューヨーク・フィルハーモニック
 ユージン・オーマンディ(指揮)

 録音時期:1978年1月8日
 録音場所:ニューヨーク、カーネギー・ホール

● ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.36 (ホロヴィッツ版)

 ウラディミール・ホロヴィッツ(ピアノ)

 録音時期:1980年4月13日、5月2,4,11日
 録音場所:ボストン、シンフォニー・ホール&ニューヨーク、エイヴリー・フィッシャー・ホール

 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 24ビット・マスタリング

【ベスト・クラシック100】
2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCAレッド・シールの歴史的名盤から最新の話題盤まで網羅し、クラシック演奏史を綺羅星のごとく彩ってきた大スターたちの最高のパフォーマンスが収められた100枚です。オリジナル・マスターからのDSDマスタリングもしくは24ビット・マスタリング(一部除く)、音匠仕様レーベルコート採用、高品質CD「Blu-spec CD2」としてリリースいたします。(メーカー資料より)

内容詳細

ホロヴィッツがオーマンディの指揮で録音したラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、ソナタ第2番。両曲ともにホロヴィッツが愛した作品として知られるもので、いずれも最後の正規録音。晩年ながら、輝かしさに満ちた演奏だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
ホロヴィッツは1903年生まれで(ゼルキ...

投稿日:2013/11/16 (土)

ホロヴィッツは1903年生まれで(ゼルキンと同い年)、協奏曲第3番をオーマンディとライブ録音した時は75歳になろうとしていたときだ。早めのテンポで、非常にメリハリのあるパワフルな演奏。技巧的な面からいえば衰えは確かにあるが(聴きようによってはそれが気になる向きも有るかも知れない)が、それは些細な問題だろう。またオーマンディの伴奏も力強くすばらしい。そしてピアノソナタ第2番の方はさらに2年後の、やはりライブ録音だ。こちらの演奏は屈指の名演であり、この曲の最高の演奏の一つだと思う。どちらの演奏会も終了後の割れんばかりの拍手と歓声が、いかに大きな感動を聴衆に与えていたかを物語る。それにしても、ライブ録音はノイズやミスがあったとしても、この頃のように一発どりがいいですね。複数の演奏からコラージュしてミスやノイズを消すようなやり方は疑問をいつも感じる。

johnbach さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
レビューを書いたような気がするが、ホロヴ...

投稿日:2012/11/25 (日)

レビューを書いたような気がするが、ホロヴィッツ全集所収のこの録音を聴いて懐かしいので書いてしまう。老いて衰えてもヨレヨレにはならずに鋼鉄のような硬質で強力な打鍵は健在で、カットせず演奏している。第一楽章のカデンツァや第3楽章の凄まじい打鍵と離れ業は圧巻だ。勿論、悪魔的なパッションや激しさではコーツとのSP録音、テクニックの万全さとバランスの取れた表現ではモノラルのライナー盤には負けるが、米国デビュー50年記念のライヴらしい独特の高揚感と(残響が少ないのが難だが)ステレオ録音というメリットも大きい。オーマンディの指揮も適役で、老巨匠が自由に弾けるよう老練なサポートをしており、この名演の成功に一役買っている。ファーストチョイスはライナーとの盤ではあるが、この盤も折に触れてSP録音やライヴ盤とともに楽しんでいきたいものである。

eroicka さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
☆
この演奏は、クラシックを聴き始めて間もな...

投稿日:2011/03/04 (金)

この演奏は、クラシックを聴き始めて間もない中学時代にFMでエアチェックして聴きこんでいました。凄い演奏という記憶でしたが、以前買っていた初期の輸入盤CDを取り出し聴きなおしてみました。ホロヴィッツのピアノは痛々しい迄に乱れています。ミスタッチだけでなく、テンポも保てていない部分もあります。それだけに渾身の力を振り絞るような演奏になっており、そこから生まれる魔力は凄まじいものです。あくまで自分のピアニズムを貫いた演奏で、枯れた表現には傾いていませんが、人間だからこその肉体との葛藤が演奏を輝かせています。これに合わせる名人オ-マンディのバックアップなしでは成立しえなかった演奏とも言えます。盛大にオケを鳴らして祝祭的に終結する部分も、この演奏の特異性を物語っています。

河童親父 さん | 熊本県 | 不明

2

ラフマニノフ (1873-1943)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品