CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第1番、第2番 ツィマーマン(P) 小澤征爾 指揮 ボストン響

ラフマニノフ (1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4596432
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ツィマーマン、小澤&ボストン響のラフマニノフ!

クリスティアン・ツィメルマン待望の新録音。協奏曲にかぎらずレコーディングそのものが希少になりつつあるこの若き巨匠、2000年にリリースされたショパンのコンチェルト(1999年録音)から3年ぶりの新譜となりますが、今回も、第1番は1997年、第2番が2000年のデジタル録音、発売が2003年末と、この一枚のアルバムを仕上げるにも実に6年の歳月が費やされており、“思索と研鑚の人”と言われるこのピアニストならではの熟考ペースが貫かれています。
 何に限らずせちがらい今の世でこんなことが許されるのも、やはりその比類のない才能ゆえのことでしょう。実際、誰もが食傷していておかしくない超有名曲である第2番において、ツィメルマン以外にあり得ないと言いたくなる個性を刻印しているあたりはさすが。無伴奏による冒頭の序奏部から早くもただならぬものがあり、感傷的になりがちな曲想から一種峻烈な表情を導き出す、極度に磨かれた音色の毅然たる美しさに瞠目もの。第2楽章の美感も特筆ものですし、終楽章では胸のすく華麗なテクニックも聴かせてくれますが、どれほど美と技を振りまこうと格調の高さが一瞬たりとも失われないのは驚き。小澤のセンシティヴな伴奏も大手柄で、ボストン響のメロウな響きはツィメルマンのピアニズムとの相性も抜群。特に、第1楽章中盤でのホルン・ソロと木管の絡み合いなど「オザワ&ボストン」以外ではちょっと考えられない美しさ。第1番も、第2番とのネーム・バリューの差が不思議に思われるほどのみごとな出来栄えです。


■ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番嬰へ短調作品1
■ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18

クリスティアン・ツィマーマン(P)
小澤征爾 指揮 ボストン交響楽団

1997年12月デジタル録音(第1番)
2000年12月デジタル録音(第2番)

収録曲   

  • 01. Piano Concertos Nos.1 & 2
  • 02. Piano Concertos Nos.1 & 2
  • 03. Piano Concertos Nos.1 & 2
  • 04. Piano Concertos Nos.1 & 2
  • 05. Piano Concertos Nos.1 & 2
  • 06. Piano Concertos Nos.1 & 2

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
32
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
8
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
今更ですがラフマニノフピアノ協奏曲第2番は今までリ...

投稿日:2015/07/05 (日)

今更ですがラフマニノフピアノ協奏曲第2番は今までリヒテル盤、ワイセンベルク盤、アシュケナージ84年録音盤を聴いてきましたが間違いなくこのツィマーマン盤はファーストチョイスになる名盤だと思います。今だから言えますがオケもピアノも演奏、録音共に最高です!

井熊 さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ツィマーマンと小澤征爾は完璧です。二人の...

投稿日:2014/03/20 (木)

ツィマーマンと小澤征爾は完璧です。二人の音楽性の交わりもすばらしい。管弦楽も小澤征爾の指揮に良くついていっていますが、音色が薄く淡白であること、それから録音の具合かもしれませんが音量が小さい。そのためピアノと交わりきれていません。それが残念です。そうでなければ最高の名演奏の一つとなったと思います。

ムサイシス さん | 三重県 | 不明

2
★
★
★
☆
☆
第2番の評価が重要になると思います。小生...

投稿日:2014/02/13 (木)

第2番の評価が重要になると思います。小生の印象としてはツィメルマンの全体の解釈としてピアノを最大限に引き立たせてオケは抑制して要所要所でのみピアノと同列まで押し出す(ピアノよりは前に出ない)という成り立ちのように感じた。ピアノは同曲中でも極めて優れた出来ばえで、明瞭性、柔軟性、抒情性のいずれも高次元で実現されており、ピアノ中心の曲と考えれば十分に感動的である。ピアノのやや硬質な響きも好感が持てる。しかしながら、やはりこの曲は協奏曲なのであり、ピアノとオケが同列で掛け合うことが必須のはずです。そこがこの演奏に人口的なものを感じる所以です。(録音設定の問題だけではないと思います。)以上から、ピアノが感動的なだけに大変残念です。同曲については、ガブリーロフ、レーゼル、リヒテル、オグドン、ワイルド、それにルディ(サンクトペテルブルグPO)あたりで聞きたいですね。アシュケナージはプレヴィンとの共演以前がよく、ハイティンクとの共演は私としては評価が低いのです。

音楽人 さん | 長野県 | 不明

0

ラフマニノフ (1873-1943)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト