CD

コレッリの主題による変奏曲、ショパンの主題による変奏曲、道化師、リラの花、他 有森博

ラフマニノフ (1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FOCD9655
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

有森 博/ラフマニノフ:変奏曲集

ロシア作品を得意として、多くの聴き手を魅了してきた有森 博によるラフマニノフ作品集の第3弾です。今作では変奏曲に焦点をあてた選曲で、初期の大曲である『ショパンの主題による変奏曲』と、ラフマニノフ最後のピアノ独奏曲である『コレッリの主題による変奏曲』を中心に収録。いずれも、きわめて高度な技術が要求されながら、同時に変奏曲ならでは構成感も求められる難曲です。
 有森の演奏は決して声高にテクニックや情感性を際立出せる事はありませんが、あくまで自然体で変奏曲ならではの細やかな表情を見事に表現しています。

「ラフマニノフの変奏曲を現代人のいきいきとした感覚で甦らせた名演と言える。小品集も、有森のもつ歌心と音に対する感性が存分に発揮された美しい演奏だ。」 小田切尚登 ライナーノーツより(FONTEC)

【収録情報】
ラフマニノフ:
● ひな菊 Op.38-3
● ショパンの主題による変奏曲 Op.22
● エレジー Op.3-1
● セレナード Op.3-5(改訂版)
● メロディー Op.3-3(改訂版)
● 道化師 Op.3-4
● コレッリの主題による変奏曲 Op.42
● リラの花 Op.21-5

 有森 博(ピアノ)

 録音時期:2014年5月28-30日
 録音場所:埼玉県、富士見市民文化会館「キラリふじみ」
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

内容詳細

ラフマニノフのロマンティックで魅力的な和声と難渋な技巧に彩られた巨大な変奏曲二つを中心に、美しい旋律が印象的な小品を交えた充実の内容。有森の奏する多彩な音色、絶えずフレーズの流れを意識した歌い回しが紡ぎ出す演奏は、とても心地の良い音楽を聴き手へと届けてくれる。★(進)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ラフマニノフ (1873-1943)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品