ライヒ、スティーヴ(1936-)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

【中古:盤質A】 『ドラミング』 加藤訓子

ライヒ、スティーヴ(1936-)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
CKD613S
レーベル
フォーマット
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


加藤訓子 第5弾、ライヒの『ドラミング』!
ライヒ絶賛! 世界初! 全パート1人で演奏!


日本を代表するパーカッショニスト、加藤訓子。2017年リリースの「J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集」は、Linn Recordsの年間ベスト・アルバムに輝き、第10回CDショップ大賞クラシック部門を受賞する等、世界的にも大きな話題を呼びました。スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、Linnが技術の粋を結集させて作るアルバム第5弾は、スティーヴ・ライヒに回帰し、ミニマル・ミュージックを世に知らしめたライヒの代表作『ドラミング』をレコーディング!
 欧州時代、ダンスカンパニー・ローザスのワールドツアーにも参加し、アンサンブル・イクトゥスと数え切れないライヴを演奏している加藤訓子が、パーカッション(ボンゴ、マリンバ、グロッケンシュピール)、ヴォイス、ピッコロ、口笛、計12名全てのパートを自身でオーバーダブし、アンサンブルでは決して表現し得ない『ドラミングの』持つ最上のディテールを紡ぎ出しています。
 また、スティーヴ・ライヒ自身からも、「一人の奏者がドラミング全パートを演奏した初めての録音作品。 最上のディテールと共に驚くべき明晰さで捉えている。大いなる喜びの発見である。」と絶賛されています。

“Kuniko has made the first recording of Drumming where one musician plays and sings all the parts of the piece and records them via overdubbing. The result is like a microscopic close up off the piece where all the finest details are heard with amazing clarity. I found it a remarkable pleasure to hear.”Steve Reich

「CKD 613S」はSACD Hybrid Multichannelヴァージョンの日本向け完全限定生産盤です。海外で発売される商品はノーマルCD盤となります。予めご了承ください。(Photograph by Michiyuki Ohba)(輸入元情報)

【収録情報】
● ライヒ:ドラミング


 加藤訓子(パーカッション、ヴォイス、ピッコロ、口笛/多重録音)

 録音時期:2017年7月22-28日、9月27日〜10月6日、2018年1月5-17日
 録音場所:愛知県芸術劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

 日本向け限定生産
 日本語書下ろし解説

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品